NTT東日本はNTTアド、NTT西日本、NTTアーバンソリューションズ、スカパーJSAT、タイトーと共同で、eスポーツ分野の新会社「NTTe-Sports」を2020年1月31日に設立する。eスポーツイベントを開催したい地方自治体などを対象に、システムの構築やコンサルテーションなどを行う。

NTTe-Sportsの社長に就任予定の澁谷直樹氏(左)と副社長に就任予定の影澤潤一氏(右)
NTTe-Sportsの社長に就任予定の澁谷直樹氏(左)と副社長に就任予定の影澤潤一氏(右)

 eスポーツの市場環境は年々拡大傾向にある。茨城県が19年9月の茨城国体(第74回国民体育大会)の文化プログラムにeスポーツを採用したり、東京都が20年1月にeスポーツイベント「東京eスポーツフェスタ」を開催したりと、自治体や国による参画も始まった。

 一方で、NTT東日本はeスポーツへの取り組みに積極的だ。19年3月の「ストリートファイターリーグpowered by RAGE」ではICT(情報通信技術)サプライヤーとして、東京のイベント会場と仙台のパブリックビューイング会場を閉域網で接続。遅延を抑えたライブ配信や2点間でのオンライン対戦などを実現した。神奈川県横須賀市の「Yokosuka e-Sports Project」では、同市や賛同企業と協力し、市内の高校などのeスポーツ部創設をシステム面から支援している。前述の東京eスポーツフェスタにもICTサプライヤーを務めている。通信環境としてNTT東日本が有する膨大なネットワーク網を活用できることが最大の強みだ(関連記事「NTT東日本がeスポーツに参画 地方大会向けシステム提供に商機」) 。

NTT東日本のeスポーツ分野における実績
NTT東日本のeスポーツ分野における実績

 新会社を作ることにより、こうした事業を一層拡大する。ICTを中心に、イベントの企画運営やブランディング、地域活性化のためのコンサルテーション、eスポーツの指導者などの人材育成や教育カリキュラムの提供など、多岐に渡る事業で自治体や各種団体などのeスポーツへの取り組みを後押しする。

NTTe-Sportsの事業概要。施設構築。運営や教育面のサポートなど5つの事業で地方のeスポーツを支援する
NTTe-Sportsの事業概要。施設構築。運営や教育面のサポートなど5つの事業で地方のeスポーツを支援する

 2020年夏には秋葉原UDXに未来技術を活用した先進的なeスポーツ施設を開設する予定。同施設と地域拠点とをつなぐことで新たなビジネス、eスポーツシーンを創出する。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>