2019年12月、フランス国会で11月に可決された世界初の「モビリティ指針法(フランス語でLOM、loi d’orientation des mobilités)」、いわゆるMaaS法の詳細が公開された。22年までに約1兆6200億円(134億ユーロ)の大型投資が実行される注目の政策転換だ。この知られざるフランスMaaS法の中身とは?

※一部、編集部による意訳、文章の編集を行った部分があります。

 フランスで可決されたモビリティ指針法(LOM)はクルマ以外の移動手段を持たない何百万人ものフランス国民への対応、環境汚染や気候変動の緊急事態への対応、フランス国鉄(SNCF)が運行するTGVなどの都市間高速鉄道への過度な投資が日常の交通ニーズに影響を及ぼしていることへの対応、世界的に巻き起こる移動サービス革命への対応などから、以下の大きく3つの柱を掲げている。

【モビリティ指針法(LOM)の3つの柱】
1.日常の交通手段に対して多くの投資を行う点
2.新しいモビリティサービスを促進し、すべてのフランス国民の移動を可能にする点
3.より環境に優しい交通への移行を推進する点

 いずれも、複数の交通手段をシームレスに統合するモビリティ革命「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」の潮流を強く意識したものであり、世界でも先進的な取り組みといえる。MaaSの社会実装が進みつつある日本にとっても、フランスのモビリティ指針法からは学ぶべきことが多いはずだ。

 そこで今回、国内外の先端MaaS事例や、モビリティ産業と異業種企業の連携モデル、モビリティ起点のスマートシティについて解説した注目の新刊『Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命―移動と都市の未来―』の著者の一人である、計量計画研究所理事の牧村和彦氏に監修を依頼。フランスのモビリティ指針法(LOM)公開資料の大部分を翻訳し、分かりやすくパワポ形式でまとめた。

・モビリティ指針法の全文はこちらを確認してください。
・解説記事はこちら(「世界初の『MaaS法』の衝撃 フランスが1兆円超えの大型投資」)

スライドの内容

【完全保存版】世界初フランス“MaaS法” 翻訳パワポまとめ(画像)

●本資料について:フランス「モビリティ指針法」(いわゆるMaaS法)関連資料翻訳

【完全保存版】世界初フランス“MaaS法” 翻訳パワポまとめ(画像)

●フランス「モビリティ指針法(LOM)」の背景

【完全保存版】世界初フランス“MaaS法” 翻訳パワポまとめ(画像)

●フランス「モビリティ指針法(LOM)」の3つの柱

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

『Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命―移動と都市の未来―』(日経BP)
 自動車・交通業界のあらゆる有力企業が、成長戦略の「一丁目一番地」として取り組むモビリティ革命「MaaS(Mobility as a Service、マース)」。日本政府も国家のフラッグシッププロジェクトに掲げ、本格展開への号砲が鳴った!
 「100年に一度」のモビリティ革命は、既存のビジネスや人々の暮らしにどのような変化をもたらすのか? 人口減少、超高齢化、都市の渋滞、地方の過疎化など、課題山積のニッポンで、社会課題に寄りそいながら、持続可能なビジネスモデルを築くにはどうするべきなのか?
 マイカーいらずの「サブスクMaaS付きマンション」から、病院の待ち時間をなくす「診察予約付き配車サービス」、広告連動の「0円モビリティサービス」まで……。全15業種・キーワード×MaaSでつくる新ビジネスアイデアを徹底解説。モビリティ起点でアップデートされる未来都市の姿と、それを実現するための3つの視点を提案する。MaaSからスマートシティへと続く世界の一大潮流を捉える、全産業のビジネスパーソンに向けた必読書。
Amazonで購入する
日経ブックナビで購入する