PASMO協議会、「モバイルPASMO」を開始

4月17日 楽天野球団、楽天生命パーク宮城に宿泊施設をオープン
楽天生命パーク宮城のレフト側後方「スマイルグリコパーク」内に、宿泊施設「Rakuten STAY x EAGLES」を開業する。部屋数は4室(1階は2室、2階は2室)。定員は1階の各部屋が6人、2階の各部屋が8人。宿泊料金は、1室1泊で2万5000円から(消費税・宿泊税・手配手数料込み、食事別)となる。試合がない日も宿泊できる。

4月30日 すかいらーくホールディングス、24時間営業を全店廃止
すかいらーくホールディングスは、働き方改革の一環として、24時間営業を全店廃止する。あわせて、同社グループの566店舗の深夜営業時間短縮を行う。店舗の内訳は、ガスト332店、ジョナサン153店、バーミヤン68店、グラッチェガーデンズ8店、夢庵5店。※2019年12月31日時点の店舗数。

春 PASMO協議会、「モバイルPASMO」を開始
PASMO協議会は、交通系ICカード「PASMO」のサービスをスマートフォンでも利用できる「モバイルPASMO」を開始する。対応端末は、Android 6.0以上がインストールされた「おサイフケータイ」対応のスマートフォン。アプリをインストールすることで、列車やバスの乗車、電子マネーでの買い物などができる。クレジットカードのチャージや定期券の購入が場所を選ばずできる。

6月30日 サントリーワイン、和かんきつのスパークリングワイン「雫音」を発売
サントリーワインインターナショナルは、スパークリングワイン「雫音(ゆず)」「同(すだち)」を夏季限定発売する。白のスパークリングワインに柚子(ゆず)やすだちといった和かんきつの果汁を加えた。容量は350ミリリットル、アルコール度数は7%。

6月 JR東日本、有楽町~新橋駅間の高架下に「日比谷 OKUROJI」開業
JR東日本都市開発は、有楽町駅から新橋駅間の約300メートルのれんがアーチ高架下空間に「日比谷OKUROJI」を開業する。東京初出店・新業態を含む44店舗が出店。100年以上の歴史を刻むれんがアーチ高架橋と東海道線、東海道新幹線の高架橋が一体となった高架下スペースを生かした商業空間として再生を図る。

6月 渋谷区と三井不動産、「MIYASHITA PARK」オープン
渋谷区と三井不動産は、「MIYASHITA PARK」(東京・渋谷)を開業する。公園・駐車場・商業・施設・ホテルが一体となった低層複合施設となる。全長約330メートル、延べ床面積は約4万6000平方メートル。商業棟の構造規模は、南街区が1階から4階で1万5922平方メートル、北街区が1階から3階で1万649平方メートル。ホテル棟は4階から18階で、客室数は240室となる。

夏 オニツカタイガー×ヴァレンティノ、コラボ限定シューズを発売
オニツカタイガーは、ヴァレンティノとコラボレーションした限定スニーカーを発売する。オニツカタイガーのアイコンモデル「MEXICO 66 SD」をヴァレンティノのクリエイティブ・ディレクターのPierpaolo Piccioli氏が再解釈し、デザインを施した。同シューズは、ヴァレンティノの世界各国一部直営店とValentino.com、オニツカタイガーの一部直営店と公式オンラインで展開する。

10月1日 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」期間限定オープン
ガンダム GLOBAL CHALLENGEとEvolving Gは、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として横浜市と連携し、横浜・山下ふ頭に、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を開業する。動くガンダムを間近で見ることができる「GUNDAMーDOCK」など、2つのエリアで構成。7月と8月には開業前に特別観覧デッキから見学できる限定プログラムも実施する。2021年10月3日まで。

【2023】
2023年中 「コートヤード・バイ・マリオット福井」が開業
マリオット・インターナショナルは、同社の北陸地方初となるホテル、「コートヤード・バイ・マリオット福井」(福井市)を開業する。住宅やレンタルスペース、オフィス施設などが集まる多目的利用ビルの一部となる。2023年に新幹線が開通する予定の福井駅から徒歩圏内に位置。27階建てで、客室数は12室のスイートを含め約252室を予定する。

【2030】
2030年中 マイクロソフト、CO2排出量(カーボンフットプリント)をゼロに
マイクロソフトは、CO2排出量(カーボンフットプリント)を削減し、最終的にはゼロにする「カーボンネガティブ」となる。2050年までに、1975年の創業から直接的および電力消費により間接的に排出してきたCO2の環境への影響を完全に排除するという。