「ストリートファイターV」などの格闘ゲームで活躍するときど選手。2019年に出版した書籍『世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0』(ダイヤモンド社)も好評だ。そのときど選手のインタビュー、後編ではロート製薬などのスポンサーとの関係性やプロとしての役割について語ってもらった。

ときど選手。1985年沖縄県那覇市生まれ。麻布中学校・高等学校卒業後、1浪を経て、東京大学教養学部理科一類入学。同大学工学部マテリアル工学科に進学・卒業。同大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻中退。2010年に格闘ゲームでプロデビュー。17年世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO」優勝、18年カプコンプロツアー年間ポイントランキング1位など輝かしい戦績を重ね、TBS系ドキュメンタリー「情熱大陸」にも取り上げられるなど、日本で最も知られるeスポーツプレーヤーの1人
ときど選手。1985年沖縄県那覇市生まれ。麻布中学校・高等学校卒業後、1浪を経て、東京大学教養学部理科一類入学。同大学工学部マテリアル工学科に進学・卒業。同大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻中退。2010年に格闘ゲームでプロデビュー。17年世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO」優勝、18年カプコンプロツアー年間ポイントランキング1位など輝かしい戦績を重ね、TBS系ドキュメンタリー「情熱大陸」にも取り上げられるなど、日本で最も知られるeスポーツプレーヤーの1人

 2010年のプロデビュー以来、日本のeスポーツシーンの先駆者の一人として活躍してきた格闘ゲームのプロプレーヤー・ときど選手。インタビュー前編では、今のeスポーツの盛り上がりや、「勝つだけじゃダメ」なプロ選手のあり方について聞いた。

【前編はこちら】
プロゲーマー・ときど 『プロは勝つだけじゃダメ』なワケ

 後編となるこの記事では、eスポーツの世界で今増えつつある企業スポンサーとの関係性、今後、eスポーツが一層盛り上がるために必要なことに話を進める。現在、ロート製薬、ソニー・ミュージックエンタテインメント、大塚食品など、ゲームとはあまり関係ない業種の企業ともパートナー契約を結んでいるときど選手。それらの企業は、ときど選手にどんな可能性を見いだし、ときど選手はそれにどう応えていくのか。

スポンサーを求めてメールを送りまくった

――後編では、プロとしての活動やスポンサーとの関係について聞きたいと思います。そもそもですが、スポンサーには選手側から働きかけるんですか? ときど選手の場合、今は先方からオファーがたくさん来る状態だと思うのですが。

ときど選手が19年12月に出版した書籍『世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0』(ときど著、ダイヤモンド社)。ビジネスパーソンにも参考になる考え方が詰まっている
ときど選手が19年12月に出版した書籍『世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0』(ときど著、ダイヤモンド社)。ビジネスパーソンにも参考になる考え方が詰まっている

ときど選手(以下、ときど) そうですね、今はオファーをいただいています。でも昔はメール送りまくりましたよ。僕がプロになろうと思っていた当時、eスポーツ事情に詳しい人から、海外にはFPS(First Person Shooter)とかRTS(Real-time Strategy)といったゲームジャンルで成功しているeスポーツチームがあって、次の投資先として格闘ゲームにもお金が流れるかもしれないというアドバイスをもらったんです。すでにTシャツ屋さんのスポンサーを受けていたので(詳細は前編を参照)、契約までには至らなかったのですが。

――どの試合に出るか、どのスポンサーと組むかは自身で決めているというお話が著書にもあります。スポンサー選びの基準は?

ときど 今のところ明確な基準はありませんが、できれば自由にさせてくれるところがいいですね。僕は自分でプロデュースをしたいんです。過去、マッドキャッツがスポンサーに付いてくれていたときも海外チームに所属していたときも自由にやってきました。幸い、今も自由にさせていただいています。