2019年12月3日、国際連合が定めた「国際障害者デー」に、日本マイクロソフトは視覚に障害がある人を支援するアプリ「Seeing AI」の日本語版を提供すると発表した。売り上げ向上が狙いではなく、社会貢献や高度な技術力を示すために開発した。

Seeing AIのアプリ画面。ダウンロードしてカメラを対象に向けてかざすだけで表示した部分の文章などを読み上げてくれる。簡単な操作で済むようにした(画像は日本マイクロソフトのサイトより)
Seeing AIのアプリ画面。ダウンロードしてカメラを対象に向けてかざすだけで表示した部分の文章などを読み上げてくれる。簡単な操作で済むようにした(画像は日本マイクロソフトのサイトより)

 「Seeing AI」は視覚に障害がある同社のプログラマーが中心になって開発し、17年に英語版をリリース。今回は日本語に加え、オランダ語やフランス語、ドイツ語、スペイン語にも対応するようにした。App Storeから無料でダウンロードできる。

8つの機能で対象を認識

 備える機能は「短いテキスト」「ドキュメント(文書)」「通貨」「色」「ライト」「風景」「人」「製品」の8つ。これらが認識できる対象だ。例えば「短いテキスト」を使えば、看板やメニューなどの短い文字を音声で伝える。書類など長い文書の場合は「ドキュメント」を選択。書類がカメラに収まるように音声ガイドが流れ、文章を認識すると自動的に撮影し、読み上げる。

 「通貨」を選べば、お札の種類が分かる。「色」は色を教え、「ライト」では明かりの有無に加え、明るさまで音声で伝える。「風景」では風景の様子を説明する。「人」を選ぶと、有名人は事前に登録しているため、名前を教える。家族や友人も登録でき、該当する人物を認識すると「〇〇さんが何メートル先にいます」などと伝える。「人」では写真も認識し、登録している人が写っていれば名前を教える。

 「製品」は商品に付いているバーコードを認識し、どんな商品かを伝える。ただし現在の「製品」はすべての商品に対応しておらず、読み上げは英語になっている。データベースに登録される商品が増え、音声も日本語になれば、より使いやすくなるだろう。

 「ドキュメント」「風景」「製品」はインターネット経由で使う。その理由は同社のAI(人工知能)である「Azure Cognitive Services」を利用しているからだ。「アプリではあるが、インターネット経由でCognitive Servicesにつながり、その結果がアプリに反映される」(日本マイクロソフトの大島友子プリンシパルアドバイザー)。

 「社会貢献を狙ったアプリという側面だけではなく、マイクロソフトのAIを使えば、こんなことまで可能になるということを知ってもらいたいため」と大島氏は話す。