ネスレネスプレッソのコーヒーアンバサダーの上野里佳氏(写真左)とRestaurant TOYO Tokyo シェフソムリエの成澤氏(同右)。成澤氏はテレビドラマ「グランメゾン東京」(TBS)の技術監修も務めた

若者狙いの“もふもふ泡” ネスプレッソが新コーヒーメーカー

2020年01月22日
  • 「ヴァーチュオ」のカラーバリエーションはホワイト(2万900円・税込み)、チェリーレッド(2万900円・税込み)、クラシックブラック(2万5300円・税込み)、ダーククローム(2万7500円・税込み)の4種類で、カプセルコーヒーは25種類を用意(価格は10杯分で864~1080円・税込み)。2020年1月30日からネスプレッソ公式ウェブサイトや家電量販店などで販売開始
  • 「日本で受け入れてもらえる」と自信をのぞかせるネスレネスプレッソのパスカル社長
  • ネスレネスプレッソの甲斐マーケティングディレクター
  • ネスレネスプレッソのコーヒーアンバサダーの上野里佳氏(写真左)とRestaurant TOYO Tokyo シェフソムリエの成澤氏(同右)。成澤氏はテレビドラマ「グランメゾン東京」(TBS)の技術監修も務めた
  • まるで雲のような“もふもふ”“ふわふわ”としたクレマ。牛乳を先に注いだカップにコーヒーを抽出することで簡単なアレンジも楽しめる。マグの容量の場合、カプセルをセットし、ボタンを押してから完成するまで約1分40秒を要した