突如登場したカップヌードル専用フォークは、その異常なまでのこだわりが話題となった。人気デザイナー佐藤オオキ氏の考案とあり、商品は瞬く間に完売。「フォークで麺を食べる」発想はブランドの原点と、日清食品はあえて“無駄なこだわり”を前面に押し出す。それがファンの「好き」を喚起した。

カップヌードルを食べるために設計・開発された専用フォーク「THE FORK」(画像提供:日清食品)
カップヌードルを食べるために設計・開発された専用フォーク「THE FORK」(画像提供:日清食品)

デザインと機能に「こだわり」を詰め込んだ

 カップヌードル専用フォーク「THE FORK」は、日清食品が2019年10月15~28日まで全国のローソンで実施した販促キャンペーンのいわば“おまけ”。「カップヌードル」シリーズの対象商品を2食買うと1本もらえるが、各店わずか20本の限定だ。その後、19年10月30日午前10時から日清食品グループのオンラインストアでも販売を開始。カップヌードルシリーズ商品とこのフォークを組み合わせた「カップヌードルTHE FORKセット」は、用意した限定3000セットがわずか1時間で売り切れた。

2019年10月30日、日清食品グループ オンラインストアで販売した3000セット限定の「カップヌードルTHE FORKセット」全12種。1セットに専用フォーク1本が付いている(画像提供:日清食品)
2019年10月30日、日清食品グループ オンラインストアで販売した3000セット限定の「カップヌードルTHE FORKセット」全12種。1セットに専用フォーク1本が付いている(画像提供:日清食品)

 THE FORKは日本が誇る人気デザイナー、デザインオフィスnendo代表の佐藤オオキ氏がデザインを手掛けたことも注目を浴びた理由の1つだ。しかもこの企画自体、日清食品からの依頼ではなく佐藤氏の自主提案だという。となればTHE FORKが“ただモノではない”ことは容易に想像がつくだろう。日清食品も「『カップヌードル』の調理からお召し上がりになるまでのあらゆるシーンを想定し、デザインと機能に“無駄なこだわり”を詰め込んだ」と公言するほど。フォークは右利き用と左利き用の2種類を用意し、専用ケースまで作るこだわりようだ。

対称形をなす左利き用(赤)と右利き用(白)がある
対称形をなす左利き用(赤)と右利き用(白)がある
THE FORKを携行するための専用ケース
THE FORKを携行するための専用ケース
ケースは右利き、左利き用のどちらにも対応
ケースは右利き、左利き用のどちらにも対応

 ではTHE FORKの“無駄なこだわり”をひもといていこう。まず、カップヌードルにお湯を注いで3分待つ間の「フタの押さえ」として使える。持ち手の背面にある筋(リブ)は本来強度を確保するためのものだが、佐藤氏はリブの幅を調整し、フタを固定するためのクリップとしても使えるようにした。リブの間の溝をカップの縁にはめて、そのまま横にスライドさせるとフタ留めになる。

筋(リブ)を設けるのは本来強度を上げるのが目的
筋(リブ)を設けるのは本来強度を上げるのが目的
持ち手の裏の溝をカップの縁にはめてスライドさせる
持ち手の裏の溝をカップの縁にはめてスライドさせる

 もともと容器にはフタ留め用の「シール」が付いているから、わざわざフォークを使って留める必要はない。無駄といえば無駄だ。しかし「カップ麺のフタをフォークで留める」という行為を大真面目にやるのが楽しい。

フォークがフタを固定するクリップに早変わり
フォークがフタを固定するクリップに早変わり