2019年暮れに放映された漫才日本一を決める「M-1グランプリ」で、コーンフレークが脚光を浴び、日本ケロッグの商品「コーンフロスティ」が品薄という消費者からの報告が相次いだ。カルビーの「フルグラ」が人気のシリアル市場でどのくらい売れたのか。日経POS情報のデータから読み解く。

 2019年12月22日放送の漫才日本一を決める「M-1グランプリ」で、コーンフレークを題材にしてM-1史上最高得点をマークしたミルクボーイが優勝を果たした。

 SNS上では、日本ケロッグ(東京・港)公式Twitterアカウントの「腹筋崩壊レベルでわらったw」という祝福ツイートが約1万6000件リツイートされ、同社は翌日、ミルクボーイに「コーンフロスティ」1年分をプレゼントすることを発表。番組を見てコーンフレークを買いに出かけたTwitterユーザーからは「売り切れてる!」と品薄を報告する声も上がった。

「M-1グランプリ」でコーンフレークネタを披露したミルクボーイに日本ケロッグが祝福ツイート
「M-1グランプリ」でコーンフレークネタを披露したミルクボーイに日本ケロッグが祝福ツイート

 では実際どのくらい「M-1特需」があったのか? 日本経済新聞社が提供する全国のスーパーなど約1500店のPOSデータから商品の売れ行きを分析できる「日経POS情報」のデータによると、12月16日から放送当日(22日)まで1週間の「シリアル類」の販売金額上位商品は、カルビーの「フルグラ」800gがトップで、コーンフロスティは6位。販売個数では2位に付けるものの、フルグラ800gとは約2.5倍の差があった。

 それが放送翌日の12月23日から1週間は、コーンフロスティの売り上げが急増して販売金額で2位に躍進。販売個数ではフルグラ800gを上回った。前週比で約2.2倍売れた計算だ。

日経POS情報の「シリアル類」販売金額(週次)上位商品
日経POS情報の「シリアル類」販売金額(週次)上位商品

 ミルクボーイの漫才は、「母親が好きな朝ごはんの名前を忘れた」という設定で、ボケ役がコーンフレークと思われる特徴を挙げると、ツッコミ役が「それ、コーンフレークやないか!」と指摘。続いてボケ役がコーンフレークとは違う特徴を挙げ、「コーンフレークちゃうわ」と、行ったり来たりの掛け合いが特徴。「人生の最期がコーンフレークでええわけない」「コーンフレークはね、まだ朝の寝ぼけてるときやから食べてられる」「晩飯でコーンフレーク出てきたらちゃぶ台ひっくり返す」など、ネガティブな笑いも含まれていたが、コーンフレーク連呼が購入意欲を刺激したようだ。

 牛乳をかけて食べるシリアル類の売り上げは夏場がピークで、12月~1月は総じて低調というサイクルがある。そんな“シーズンオフ”にコーンフレークを買いに走らせたのだから、ケロッグにとってはミルクボーイさまさまだろう。

 もっとも、12月30日から2020年1月5日の週次データでは、フルグラ800gの販売個数がコーンフロスティを抜き返している。降って湧いたコーンフレーク人気を長く保つためには、二の矢三の矢を放つ必要がありそうだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊発売中】
書籍『マーケティング視点のDX』江端浩人著

DXが「デジタル化」で終わっていませんか?
DXをIT部門に“丸投げ”していませんか?
DXはマーケターの仕事です!
今こそマーケティング視点のDX(DX2.0)を進めよう

DX2.0の「4P」モデル(Problem、Prediction、Process、People)を提唱
国内外の企業事例(富士フイルム、ウォルマート、Zoom…)を10社掲載
「企業のDX診断」、今日から活用できる「DXワークシート」を収録
BP SHOPで購入する
アマゾンで購入する