靴下メーカー岡本(大阪市)が2018年3月に発売したフットカバー「脱げない ココピタ」の快進撃が止まらない。18年は従来モデルから230%成長し、さらに19年春夏シーズンは前年同期比660%もの伸長率を達成した。その生命線は他社がまねできない特許技術「コの字型ストッパー」にある。

靴下メーカー岡本のフットカバー「脱げない ココピタ」
靴下メーカー岡本のフットカバー「脱げない ココピタ」

「脱げにくい」ではなく「脱げない」を標榜

 フットカバーとはつま先とかかとのみを覆う靴下で、一般に甲が広く開いており、靴を履くとほとんど見えない。甲の開いたパンプスを履く女性から人気に火が付き、素足感を出したい男性にも広く支持されている。そのためユニクロや無印良品など大手もこぞってフットカバーを販売しているが、どこも「脱げやすい」という問題に直面していた。

 そこで各社とも脱げにくくするため、かかと部分にさまざまな滑り止めを施すことで対応を図った。滑りにくい素材をドット状、波状、面状にしてかかと部分に配したが、素足なら脱げにくくても、靴を履くと歩いているうちに脱げてしまう。この業界の“定説”を覆したのが「脱げない ココピタ(以下、ココピタ)」だ。

 レッグウエア専業メーカーとして2008年以降11期連続で国内靴下売り上げ全国1位(繊研新聞調べ)の岡本は、トップ企業の使命として「フットカバーは脱げてしまう」という常識を克服しようと試行錯誤を繰り返した。そこでたどり着いたヒントが摩擦力だった。フットカバーが靴を履いたときだけ脱げやすくなる理由を探るべく、靴の構造を調べたところ、以下の3点が分かった。

  1. かかと部分はかかと成形機でかかとにしっかり沿うように作り、かかとが抜けにくい構造になっている。
  2. かかと部分の両サイドが最も締め付けが強く、後方部はほとんど靴と接触していない。
  3. 足が靴の中で滑りづらいようにかかと部分の素材を変えている。その素材が靴下にフィットして靴下が靴に密着する。一方、発生する摩擦力が「足と靴下」より「靴と靴下」のほうが大きくなるため、靴下が靴に引っ張られて脱げる。

 そこで靴の滑り止め効果よりも強い効果のストッパーを開発。着用時に縦に伸びる靴下の生地伸縮の特性を最大限活用できる、「コの字型ストッパー」を完成させた。これまでのフットカバーにはない、かかとの両サイドにまでストッパーを広げた技術により、同社は特許を取得した。

特許を取得した「コの字型ストッパー」。かかとをしっかりホールドする
特許を取得した「コの字型ストッパー」。かかとをしっかりホールドする

 コの字型ストッパーはかかとをしっかりホールドするため、下から引っ張っても脱げないほどの効果を発揮する。靴下の素材や薄さによって程度が変化する脱げやすさやズレやすさは、生地段階でストッパーを付けるなど生産工程を分けることでクリアした。

 社内の着用実験や100人の社外モニターで試した結果、その効果を確信した岡本は従来の「脱げにくい」ではなく、「脱げない」を堂々と標榜して勝負に出た。

コの字型ストッパー。かかとのサイドまで滑り止めを配した
コの字型ストッパー。かかとのサイドまで滑り止めを配した