JR秋葉原駅近くの高架下に開業した新商業施設「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」には、ソフビやカメラ、ミニ四駆など「レトロだが新鮮な魅力」を扱うマニアックな専門店が並ぶ。東京初となる蒸留所併設のクラフトジンの店も登場し、エリア開発の新しい動きがうかがえる。

「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」の真上をJR山手線や京浜東北線などが走る。施設名「SEEKBASE」は、「マニアックに探求する(SEEK)大人が集まる基地(BASE)」の意味合い
「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」の真上をJR山手線や京浜東北線などが走る。施設名「SEEKBASE」は、「マニアックに探求する(SEEK)大人が集まる基地(BASE)」の意味合い

こだわりを探求するのがオトナの楽しみ

 2019年12月12日にオープンした「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE(シークベース アキオカ マニュファクチュア)」(以下SEEKBASE)は物販店と飲食店、および宿泊施設「UNDER RAILWAY HOTEL AKIHABARA(アン ダー レイルウェイ ホテル アキハバラ)」からなる(関連記事「まさに“線路下” 真上を山手線が走る秋葉原の『高架下ホテル』」)。

 ジェイアール東日本都市開発(東京・渋谷)は長らく駐車場だった「AKI-OKA」エリア(秋葉原から御徒町の駅間)の高架下を「日本のスグレモノを楽しむ散歩道」に生まれ変わらせることを目指し、手仕事の「2k540」(10年開業)、食の「ちゃばら」(13年開業)などを次々誕生させてきた。その一環として今回開業した「SEEKBASE」は、「かつての電気街を意識した“こだわり”あふれる専門店街」との位置付けで、既存施設への回遊を促す役割も担う。

 「モノが飽和状態にある今だからこそ、技術やレトロな価値にこだわり、愛着を持つ層が広がりつつある」と語るのは、同社開発事業本部 開発調査部 課長代理の葉山えりな氏。かつての“青春”を懐かしむ中高年世代だけでなく、古い物を新鮮に感じる若者まで視野に入れた運営を目指しているという。第1期としてオープンしたのは「The Tools」エリアを中心に物販9店舗と飲食2店舗。20年春には第2期の飲食エリア、和太鼓体験教室などがオープンする予定だ。

店頭の鎧兜(よろいかぶと)が目を引くS'NEXT(エスネクスト、川崎市)のイヤホン・ヘッドホンブランド「final」(ファイナル)の直営店
店頭の鎧兜(よろいかぶと)が目を引くS'NEXT(エスネクスト、川崎市)のイヤホン・ヘッドホンブランド「final」(ファイナル)の直営店
finalは音にこだわる人に向けた製品で知られる。「MAKEシリーズ」は専用工具で中を開け、不織布のフィルターを交換することで好みの音に調整できる
finalは音にこだわる人に向けた製品で知られる。「MAKEシリーズ」は専用工具で中を開け、不織布のフィルターを交換することで好みの音に調整できる

アナログな「モノ」としての魅力

イベントスペースで開催されているラジカセとカセットテープの販売。家電蒐集家の松崎順一氏が集め、修理したヴィンテージものから新品までズラリと並ぶ
イベントスペースで開催されているラジカセとカセットテープの販売。家電蒐集家の松崎順一氏が集め、修理したヴィンテージものから新品までズラリと並ぶ

 イベントスペースでは「ラジカセ博士」として知られる家電蒐集家・松崎順一氏による古いラジカセの販売が期間限定(20年1月31日まで)で行われている。世界を回って家電を集め、その面白さを伝えることを生業とし、販売も行う松崎氏。ポータブルオーディオを中心に集めたレトロ家電の数は5000に上る。

 そこまで松崎氏を虜(とりこ)にした理由は「デザインに多様性があるから」だ。ラジカセの機能は基本的にラジオとカセットテープで音楽などを聴くことしかない。メーカーが他社より多く売るにはひとえにデザイン勝負。当時のデザイナーたちは消費者の心をつかもうと創意工夫で火花を散らした。もともとインテリアデザイナーだった松崎氏は、「そういう(研ぎ澄まされた)状況で生まれた家電に萌(も)える」と言う。

売れ行きを左右する勝負どころは「デザイン」。メーカーや年代により多種多様なデザインのラジカセが世に生まれた
売れ行きを左右する勝負どころは「デザイン」。メーカーや年代により多種多様なデザインのラジカセが世に生まれた
「てんとう虫」の形にまで行き着いたプレーヤー。1974年、日本コロムビア社製。40年以上捨てられずに現存する「箱」もお宝級とのこと
「てんとう虫」の形にまで行き着いたプレーヤー。1974年、日本コロムビア社製。40年以上捨てられずに現存する「箱」もお宝級とのこと
「もともとアキバ小僧」を自負する松崎順一氏。「小学校時代から半世紀、アキバに通っている」という筋金入りの家電マニア。「僕、カセット大好き(笑)」と手にしたのはお気に入りの太田裕美さんのカセット
「もともとアキバ小僧」を自負する松崎順一氏。「小学校時代から半世紀、アキバに通っている」という筋金入りの家電マニア。「僕、カセット大好き(笑)」と手にしたのはお気に入りの太田裕美さんのカセット

 中古のレコードやCDを販売するアール・エフ・シー(東京・渋谷)が期間限定で出店した「レコファン秋葉原バザール」では、レア盤LPから大特価CDまで1万点以上を大放出する。音楽はネットでダウンロードして購入するのが当たり前の時代に、逆にアナログな「モノ」としての魅力からレコード人気が高まっている。日本人は取り扱いが丁寧で、中古でも良好な状態のものが多く、日本のレコード会社が独自に始めた「帯」の存在も外国人に好評だという。

大量の中古レコード・CDでいっぱいの「レコファン秋葉原バザール」。忘れていた青春の記憶がよみがえる。ジャケ買いも楽しい
大量の中古レコード・CDでいっぱいの「レコファン秋葉原バザール」。忘れていた青春の記憶がよみがえる。ジャケ買いも楽しい

 ケンテックスジャパン(東京・台東)は国産時計ブランド「KENTEX」の直営店を20年1月25日にオープン予定。自衛隊モデルやオートバイのライダー専用モデルなどテーマに特化した製品が特徴で、「普通の時計は置いていない」(スタッフ)のが自慢だ。

 同ブランドの名を高めた防衛省公認の自衛隊モデルは、アナログであることにこだわっている。その理由は「普段の訓練時には針のないデジタル時計を使うが、式典などの正装に合う時計がないという隊員の意見を基に開発した」からだ。リュウズの配置を工夫し、文字盤には防衛省から正式に支給された陸、海、空、各部隊のエンブレムに加え、「日の丸」もあしらった。海外派遣の際に他国の部隊とのプレゼント交換に使うこともあるという。基地や駐屯地の共済組合で販売。同レディースモデルも発売した。

防衛省「陸・海・空」自衛隊が協力して開発された時計。写真は「JSDF -SOLAR-」シリーズ(価格2万4200円・税込み)。手の甲に当たりやすいリュウズは作戦行動時の障害にならないよう4時の位置に配置
防衛省「陸・海・空」自衛隊が協力して開発された時計。写真は「JSDF -SOLAR-」シリーズ(価格2万4200円・税込み)。手の甲に当たりやすいリュウズは作戦行動時の障害にならないよう4時の位置に配置
ブルーインパルス60周年記念モデル。写真は限定2020個生産の「T-4エディション」(価格8万5800円・税込み)。時刻を表す数字が「6」までなのは1番機から6番機までの6機構成だから。「5」の数字が逆さまなのは、「リードソロの5番機パイロットのヘルメットだけ、数字が逆さまになっているから」とのこと。7時から12時を示すアロー(矢印)は、部隊エンブレムに黄色で描かれている6機のアローマークがモチーフ
ブルーインパルス60周年記念モデル。写真は限定2020個生産の「T-4エディション」(価格8万5800円・税込み)。時刻を表す数字が「6」までなのは1番機から6番機までの6機構成だから。「5」の数字が逆さまなのは、「リードソロの5番機パイロットのヘルメットだけ、数字が逆さまになっているから」とのこと。7時から12時を示すアロー(矢印)は、部隊エンブレムに黄色で描かれている6機のアローマークがモチーフ
オートバイのライダー専用に開発した「MOTO-R」シリーズ(写真のモデルの価格は2万9700円・税込み)。ブレーキディスクをほうふつさせるベゼルがポイント。リュウズは通常とは逆側の9時位置に配置し、手首のハンドル操作を妨げない
オートバイのライダー専用に開発した「MOTO-R」シリーズ(写真のモデルの価格は2万9700円・税込み)。ブレーキディスクをほうふつさせるベゼルがポイント。リュウズは通常とは逆側の9時位置に配置し、手首のハンドル操作を妨げない

“昔の妙味”をリスペクトする

 「まんだらけ CoCoo(こくう)」は、古い漫画やフィギュアなどを販売するまんだらけが出店する初のソフビ(※ソフトビニール人形)専門店。70年代に実際に売られていた商品を中心に、ヴィンテージの怪獣から最近のアーティスト作品まで約1万2000点のソフビを扱う。

ずらりと並んだ懐かしいソフビ。70年代に実際に売られていた商品が入手困難として人気がある
ずらりと並んだ懐かしいソフビ。70年代に実際に売られていた商品が入手困難として人気がある
マルサン製の「快獣ブースカ」はお値段なんと95万円(税別)。当時の商品が“発掘”されるのは、帰省した際に実家の物置を探したり、おじいちゃんおばあちゃんが息子の部屋を掃除したりしたとき。「出てきたよ!」と売りに来るそうだ
マルサン製の「快獣ブースカ」はお値段なんと95万円(税別)。当時の商品が“発掘”されるのは、帰省した際に実家の物置を探したり、おじいちゃんおばあちゃんが息子の部屋を掃除したりしたとき。「出てきたよ!」と売りに来るそうだ

 セルロイドに代わり、加工に優れたビニールという材質で人形を作ったのは日本が最初。精巧な金型を作り商品の魅力を格段に高めたが、今では職人が減少の一途をたどり、「70年代のソフビが“手に入らないもの”として人気がある」(スタッフ)。色合いや塗装の仕方も、当時のものが好まれるという。

 海外でも「sofvi」の名で呼ばれ、日本製ソフビに対するリスペクトは絶大だ。「新しいソフビを日本の技術で作りたいというアーティストがわざわざ日本に来て、日本の工場で材料をそろえ、金型を作って塗装までやる。作家さんは作品の足の裏に『Made in Japan』の刻印を入れたいようだ」とのこと。

BEMON製の「公害怪獣」は8万円(税別)
BEMON製の「公害怪獣」は8万円(税別)

 カメラ販売の三宝カメラ(東京・目黒)が出店した「2nd BASE」の主力商品はオールドレンズやフィルムカメラだ。高画質なデジタルカメラ全盛の時代、古い設計のフィルムレンズでは性能が追いつかない。しかしその甘い描写や、“光のノイズ”ともいえるフレアやゴーストを“妙味”と捉え、あえて新しいデジカメに古いレンズを取り付けて写真を撮る人が増えているという。

 生まれたときからデジカメが身近にある環境で育ったデジタル世代は、高画素化したデジタルで撮った写真にもはや新味など感じないだろう。むしろ「フィルム時代の描写は結構“映える”」と興味を持つ若者が少なくないそうだ。

中古カメラやオールドレンズを販売する「2nd BASE」
中古カメラやオールドレンズを販売する「2nd BASE」
写真好きならこのオールドレンズを眺めるだけで胸が躍るだろう
写真好きならこのオールドレンズを眺めるだけで胸が躍るだろう
オールドレンズを使うとフレアやゴースト、四隅の光量落ちなどが出やすい。デジタル化で誰もがきれいな写真を撮れる時代だからこそ、通常はNGとされるこうした現象を“味”として楽しむ人たちが増えている
オールドレンズを使うとフレアやゴースト、四隅の光量落ちなどが出やすい。デジタル化で誰もがきれいな写真を撮れる時代だからこそ、通常はNGとされるこうした現象を“味”として楽しむ人たちが増えている

少年の心のまま楽しむ

 ハビコロ玩具(東京・千代田)が出店する「ハビコロ玩具すけるとん」は鉄道模型とスケールモデルの専門店。ここでは主に「ミニ四駆」の販売に力を入れている。1980年代後半、パーツを組み合わせてカスタマイズし、速さを競うミニ四駆は男の子を夢中にさせた。レースに挑戦する少年が主人公の漫画とアニメの大ヒットもあり、「当時小学生だった男子はだいたい通って来た道。でもお小遣いでは十分なパーツを買えなかった」(スタッフ)と懐かしさが募る。今なら昔ハマった親が、子供と一緒に楽しめそうだ。

プラモデルのキットやカスタマイズ用のパーツが所狭しと並ぶ「ハビコロ玩具すけるとん」。ミニ四駆の試走もできる
プラモデルのキットやカスタマイズ用のパーツが所狭しと並ぶ「ハビコロ玩具すけるとん」。ミニ四駆の試走もできる

 ミニ四駆は速さとデザインの格好よさがポイント。速くするには主にモーターやギア、タイヤのカスタマイズが必要。車体を軽くしすぎるとコースアウトの恐れもある。単純そうだが、創意工夫の結晶なのだ。ミニ四駆の大会ほか、近ごろは酒を飲みながら“愛車”を走らせられる店もあるそうで、昔にはなかった展開が見られる。

ミニ四駆の商品の箱がぎっしり納められた棚。少年時代のバトル熱がよみがえる
ミニ四駆の商品の箱がぎっしり納められた棚。少年時代のバトル熱がよみがえる

仕事帰りに楽しみたい味

 「クラフトビールの次は、クラフトスピリッツだよ」――。クラフトビールの「常陸野ネストビール」で知られる木内酒造(茨城県那珂市)は、こんなうたい文句でSEEKBASEの一画に「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」をオープンした。東京初となるクラフトスピリッツの蒸留設備を併設したダイニングバーだ(※クラフトスピリッツは蒸留許可申請中。20年春稼働予定)。近年、スピリッツ人気が高まりを見せている。なかでも高級感のあるクラフトジンに老舗酒造会社が相次いで新規参入している。

“レトロ散歩”に疲れたら、ふらりと入りたくなる「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」
“レトロ散歩”に疲れたら、ふらりと入りたくなる「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」
ドイツのチーマン社製ハイブリット式蒸留機。原液(スピリッツ)を蒸留し、ハーブなどのボタニカル(香草類)による香り付けでオリジナルのクラフトスピリッツを造る。一度に蒸留できる量は300リットル。傍らに立つのはスタッフのサムさん
ドイツのチーマン社製ハイブリット式蒸留機。原液(スピリッツ)を蒸留し、ハーブなどのボタニカル(香草類)による香り付けでオリジナルのクラフトスピリッツを造る。一度に蒸留できる量は300リットル。傍らに立つのはスタッフのサムさん

 クラフトスピリッツとは原料や製法にこだわり、特徴的な味付けをしたアルコール度の高い蒸留酒のこと。お酒の「クラフト」は、職人が作る手作り感のある高品質なものを“技能”にたとえて、そう呼ばれる。同店では蒸留したジンをベースに、焼きユズやハーブ、昆布などを浸して香味付けしたリキュールをはじめ、自社製造のモルトウイスキー、クラフトビールなども提供。茨城県産のブランド和牛「常陸牛」やブランド豚「常陸の輝き」を使った自家製ハム、ソーセージとともに楽しめる。

丁寧に注がれた常陸野ネストビール
丁寧に注がれた常陸野ネストビール

(写真/酒井康治)