2019年も企業、自治体はさまざまなネット炎上トラブルに見舞われた。企業が炎上のターゲットになって20年ほどがたつ。その間、各種SNSが登場したが、炎上を誘発する要因はさほど変わっていない。知っておきたい歴史と知識をクイズ形式で出題する。

ソーシャルメディアは“発火点”が低い(写真/Shutterstock)
ソーシャルメディアは“発火点”が低い(写真/Shutterstock)

 「日経ビジネス」2019年12月16日号特集「謝罪の流儀」、「広報会議」2020年1月号特集「危機管理広報2020」……。ここ4~5年、両誌は12月に企業不祥事の傾向と対策、並びに謝罪会見の“採点”を特集するのが定番化している。「ダイヤモンド・オンライン」も先ごろ、「ワースト謝罪会見ランキング2019、プロが選ぶ『最も残念な謝り方』は?」という記事を掲載していた。忘年会シーズンだが、反省会も忘れずに、といったところか。

 日経クロストレンドも18年10月に「2018年炎上事件簿 新型炎上の傾向と対策」を特集したが、やや時期が早かったかもしれない。そこで19年は年末最後にネット炎上対策企画をお届けする。今回は趣向を変えてクイズで学ぶスタイルだ。

 それでは第1問……に入る前に、直近で起きた炎上劇について振り返っておきたい。

「まじめえひめプロジェクト」のサイトより
「まじめえひめプロジェクト」のサイトより

 12月に入って炎上したのが、愛媛県のPR戦略「まじめえひめプロジェクト」のコンセプト動画「愛媛県まじめ会議」だ。「まじめえひめ」というキャッチフレーズが県庁職員の議論で決まる過程をドキュメンタリー調で面白おかしく描いた(つもりだった)。だが、4月からYouTubeや交通機関、公共施設などで公開された動画が県民に知られるにつれ、県議会議員の元に苦情が寄せられるようになり、全国キー局のワイドショーでも騒動として取り上げられるに至った。動画は現在も視聴できる。

 問題になったのは、愛媛県民が真面目である論拠として、「介護・看護をしている時間 全国1位」「彼氏がいない独身女性の多さ 全国1位」を挙げている点だ。

 介護・看護の時間は、総務省統計局「社会生活基本調査」の2006年と2011年の結果から算出したもの。介護・看護時間の長さを、他人を思いやる気持ちの表れと見て“まじめ”と解釈した。

 だが介護時間の長さは、一概に美談にできるものではない。介護時間が長いのは、平均寿命と健康寿命の乖離(かいり)が大きいことが要因の可能性があり、そうであれば決して望ましいことではない。また、介護の専門施設に委託したくても施設の数や受け入れ態勢が不十分だったり、金銭的に厳しかったりするケースもあろう。総じて介護の仕事が降りかかってきやすい女性から不満の声が上がるのも無理からぬことだ。

30人中22人が「いない」と回答して全国トップ
30人中22人が「いない」と回答して全国トップ

 もう一方の彼氏がいない独身女性の多さは、公的な統計調査ではない。P&Gが2015年3月にリリースした「春のドライブデート実態調査」の数字を使っている。クルマ用消臭芳香剤「ファブリーズ プレミアムクリップ」の販促のために実施した“お手軽アンケート企画”だ。ドライブデート経験のある20~30代独身女性に質問したもので、回答者は各県たったの30人(人口の多い10都道府県は各100人)。30人中、22人が「彼氏がいない」と回答した愛媛県と長野県が「彼氏がいない県ランキング」のトップに立ち、これを愛媛県は「おしとやかでまじめ」と解釈してアピール材料にした格好だ。当然ながら、「彼氏がいると不真面目なのか?」と批判を浴びることになった。

 ちなみに都道府県別の生涯未婚率ランキング(高い順)で愛媛県の女性は10位(国立社会保障・人口問題研究所の2015年の推計値)。高いほうではあるが、まだ上に9都道府県が控えている。「n=30」のサンプル数で女性を評価するのは不真面目が過ぎたようだ。人のライフスタイルや、既婚未婚など人生の選択に関わることで笑いを取るのは慎重であるべきだろう。

 では、クイズに移ろう。

Q1.「炎上」という言葉はいつ頃から使われるようになったか?
(1)1990年代から使われていた
(2)2000年に入った頃
(3)2005年ごろ
(4)2010年ごろ(東日本大震災前)
(5)2011年以降(東日本大震災後)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>