森永製菓は2019年12月6日、ゼリー飲料「inゼリー」にゲーマー向けの「inゼリー」を追加した。プロゲーマーの意見を取り入れ、味や機能を工夫。ゲーム中でも手軽にエネルギーを補給できるようにした新機軸製品で、アマゾン限定で販売する。EC市場を開拓する商品としても期待をかける。

ゲーマー向けに発売した森永製菓のゼリー飲料「inゼリー<GAME BOOSTER>」(左)。持久系スポーツ向けの「inゼリー<SPORTS BOOSTER>」(右)と同時に2019年12月6日に発売した。価格はいずれも250円(税別)
ゲーマー向けに発売した森永製菓のゼリー飲料「inゼリー<GAME BOOSTER>」(左)。持久系スポーツ向けの「inゼリー<SPORTS BOOSTER>」(右)と同時に2019年12月6日に発売した。価格はいずれも250円(税別)

 inゼリーは森永製菓が1994年に「ウイダーinゼリー」として発売したパウチ容器入りのゼリー飲料。2018年に「inゼリー」と名称を変更した。キャップを外せば片手で飲める手軽さが特徴で、忙しい朝の朝食代わりや運動前後のエネルギー補給などに利用されてきた。

 今回発売したinゼリー<GAME BOOSTER>は、ゲーム中の飲用を想定した商品だ。ゲームに目を付けた理由を森永製菓マーケティング本部健康マーケティング部の針ヶ谷仁氏は、「片手で飲める、手が汚れない、小腹を満たせるという持ち味がゲームと相性がいいと考えた」と話す。

 開発の過程では、同社がオフィシャルパートナーを務める横浜F・マリノスのeスポーツチームに所属するプロ選手たちから意見を収集。商品に反映したという。

 成分は吸収速度の異なる3種類の糖類に加え、目の健康に必要なビタミンA、ストレスを低減する機能があるとされるGABAを配合。風味は同シリーズの従来商品より強めに設定した。「eスポーツ選手にはエナジードリンクのパンチがある味になじんでいる人が多い。従来の味付けだと頼りなく感じてしまうこともある」(針ヶ谷氏)。

 分量は検討の末、従来商品の多くと同じ180gとした。「eスポーツの大会は試合の時間もその合間の待ち時間も長い。その間、集中力を維持するには空腹も満腹もダメ。選手の話から適量を探った結果、180gに落ち着いた」(針ヶ谷氏)。

EC専用商品としてチャネル拡大を狙う

 森永製菓がinゼリー<GAME BOOSTER>を発売した背景には2つの狙いがある。1つはECという新たな販売チャネルの開拓だ。inゼリーシリーズの既存商品が強いのはコンビニやスーパー、ドラッグストア。一方で、値崩れしやすいECサイトには卸していない。しかし「今後ECへの対応は必須。そこで既存商品とは別のEC専用商品として、inゼリー<GAME BOOSTER>、同時発売のinゼリー<SPORTS BOOSTER>の2商品を開発した」(針ヶ谷氏)。

 もう1つの狙いが、定番になったinゼリーに新たな切り口を加えることだ。従来は「マルチビタミン」「マルチミネラル」「プロテイン」など、栄養素別に商品を展開してきたのに対し、inゼリー<GAME BOOSTER>は「ゲーム中」というように利用シーンを前面に押し出している。

 利用シーンを明示することはターゲットを狭くする可能性もあり、商品によっては避けたいところ。だが、「ECでは欲しいものを探して購入する人が多い。マスには届かなくても、その商品を真に欲する顧客は見つけてくれる」と針ヶ谷氏は見る。

 販売をアマゾンに限定したのも、ゲームユーザーに最も身近な販売チャネルだからだ。アマゾンは、EC市場でも圧倒的な存在感があるうえ、キーボードやマウスといったゲーム関連商品も販売している。ユーザーがPCやスマートフォンでゲームを楽しむ合間にアマゾンで買い物をするのは自然な流れだ。針ヶ谷氏は、「inゼリーを知っていても、買ったことはない、食べたことはないという人はまだまだ多い。これを機に自分たちに身近な商品と感じて手に取ってもらえたら」と話す。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>