PayPayやLINE PayなどQRコード決済の急速な浸透で、世のキャッシュレス化が大きく進んでいる。一方、こうしたQRコード決済の“受け手”となる市場も拡大している。20種類以上のQRコード決済に対応するネットスターズ(東京・中央)は、資本増強を契機にアジアや中東など海外販売を一気に強化している。

 「これまで日本でのQRコード需要に対応してきたことで会社も急成長した。2020年は東京五輪もあるのでインバウンド需要にも応えていきながら、アウトバウンドというか、当社事業をアジアや中東など海外へ展開していく。そのための資本業務提携である」

 QRコードの読み取りシステムを手掛けるネットスターズのCOO(最高執行責任者)の山口康樹氏はこう語る。

スターペイは、20種類以上のQRコードに対応している(写真提供/ネットスターズ)
スターペイは、20種類以上のQRコードに対応している(写真提供/ネットスターズ)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊発売中】
書籍『マーケティング視点のDX』江端浩人著

DXが「デジタル化」で終わっていませんか?
DXをIT部門に“丸投げ”していませんか?
DXはマーケターの仕事です!
今こそマーケティング視点のDX(DX2.0)を進めよう

DX2.0の「4P」モデル(Problem、Prediction、Process、People)を提唱
国内外の企業事例(富士フイルム、ウォルマート、Zoom…)を10社掲載
「企業のDX診断」、今日から活用できる「DXワークシート」を収録
BP SHOPで購入する
アマゾンで購入する