コーセーがデジタルプラットフォームと体験を融合したコンセプトストア「Maison KOSE(メゾン コーセー)」を東京・銀座にオープンした。パナソニックなどと連携し、最新パーソナライズ機器の実験店舗としての側面も併せ持つ。パナが開発中の肌分析機能を内蔵した鏡など最新機器が体験できる。

2019年12月17日に東京・銀座にオープンした「Maison KOSE(メゾン コーセー)」
2019年12月17日に東京・銀座にオープンした「Maison KOSE(メゾン コーセー)」

パーソナルな提案で双方向コミュニケーションを構築する

 メゾン コーセーでは傘下のアルビオン(東京・中央)以外、すべてのコーセーブランドが店頭に並び、ブランドにとらわれずに自分に合ったアイテムを試せるのが特徴だ。コーセーは2013年から各ブランドのブースが一堂に並び、自由に体験してもらえる「Beautyフェスタ」と題したイベントを全国で開催し、ユーザーとのコミュニケーションを図ってきた。メゾン コーセーはそのコンセプトを常設店として実現した。

 従来はメーカーが宣伝すれば興味を持ってもらえる「一方向のコミュニケーション」だったが、情報ソースの多様化で双方向のコミュニケーションの重要性が高まっている。そこでコーセーはユーザーの生の声をなるべく早くモノづくりに生かし、パーソナルな提案を目指そうとしている。メゾン コーセーは“Find Your Own Beauty"をテーマにチャレンジの場と位置付け、売り上げ目標などは設定しない。店舗ではパナソニックやカシオ計算機と協業し、最新機器によるデジタルと美容との融合を体験できる。新たに立ち上げたオウンドメディアとも連携するなど、デジタル・プラットフォームを構築する狙いもある。

 コーセー デジタルマーケティング事業部長の松原徹氏は、「オンラインショップとの連携やメゾン コーセーでのさまざまな美容体験で、一人ひとりの美容を発見してほしい。オウンドメディアと今回の実証実験で得られたデータも商品づくりに生かす。コンセプトに同意する流通業者とも共有し、顧客、流通との結び付きも強化したい」と話す。

店内にはアルビオン以外のすべてのKOSEブランドがそろう。その場で購入できるほか、リコメンドされた商品をオウンドメディアで買うこともできる
店内にはアルビオン以外のすべてのKOSEブランドがそろう。その場で購入できるほか、リコメンドされた商品をオウンドメディアで買うこともできる
カシオが開発したネイルプリンターも設置される。1本15秒で好きなデザインを選んでプリントできる。将来的には自分が撮影した画像なども転写できるという
カシオが開発したネイルプリンターも設置される。1本15秒で好きなデザインを選んでプリントできる。将来的には自分が撮影した画像なども転写できるという
デジタル・プラットフォームのイメージ図
デジタル・プラットフォームのイメージ図