ヨドバシホールディングスが手掛ける初の複合商業施設「リンクス梅田」は2019年11月16日に開業。初年度の来館者目標は隣接する「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」と合わせて約7700万人。2階の歩行者専用デッキは将来的にグランフロント大阪や阪急大阪梅田駅などともつながる
ヨドバシホールディングスが手掛ける初の複合商業施設「リンクス梅田」は2019年11月16日に開業。初年度の来館者目標は隣接する「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」と合わせて約7700万人。2階の歩行者専用デッキは将来的にグランフロント大阪や阪急大阪梅田駅などともつながる

大阪・梅田の新名所「リンクス梅田」 存在際立たせた意外な戦略

2020年01月07日
  • ヨドバシホールディングスが手掛ける初の複合商業施設「リンクス梅田」は2019年11月16日に開業。初年度の来館者目標は隣接する「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」と合わせて約7700万人。2階の歩行者専用デッキは将来的にグランフロント大阪や阪急大阪梅田駅などともつながる
  • 5階には広大なキッズフロアを展開。子供の一時預かりができるプレイルーム「スキッズガーデン」や、多様なゲーム機がそろうアミューズメント施設はイオンファンタジーが運営
  • 郊外型ショッピングモールを中心に店舗拡大してきた、パルグループの「チャオパニックティピー」。レディース、メンズ、キッズアパレルと雑貨を展開する
  • フランフランが展開するエンターテインメント型バラエティーストアの新業態「U.F.O.」。渋谷店に続く2号店。ネイキッドがディレクションしたインスタレーションも楽しめる
  • 梅田初出店の「ニトリ」は売り場面積約2600平方メートルで、新宿店と同じ規模。インテリアのアドバイザーが3Dシミュレーターを使ってトータルコーディネートを提案するサービスも西日本で初めて導入
  • 「石井スポーツ」はアウトドアとスキーの新業態を展開。ファミリー客をターゲットに、オートキャンプコーナーも充実している
  • オリジナルバッグが人気の「アネロ」(キャロットカンパニー、大阪市)は心斎橋の旗艦店に続く直営2号店をオープン。国内外の新規客獲得を図る
  • 近鉄沿線を中心に展開する近商ストアの食品スーパー「ハーベス」は梅田初登場。梅田エリアでトップクラスの弁当・総菜数を目指す。22席のイートインスペースも併設されている
  • 人気の台湾ティーカフェ「ゴンチャ」は、地下1階と4階に2店舗展開する
  • 1階には国内主要都市への直行便が発着するバスターミナルを整備した。関西空港リムジンバスの到着地点でもあり、インバウンドのゲートウェイとしての発展拠点となることを目指す