週末のファミリー客の取り込み狙う

 郊外立地が中心のテナントが目立つリンクス梅田で、とりわけ集客効果を発揮しているのがキッズフロアだ。これまで梅田を敬遠しがちだったファミリー客を取り込むため、ヨドバシカメラの玩具・ホビー売り場と合わせて約9900平方メートルのキッズフロアを配置。さらに1200台を収容する駐車場を設け、「来館が習慣化する店を目指した」(五鬼上氏)。

 キッズフロアで約1200平方メートルの面積を占めるアミューズメント施設「モーリーファンタジー」は、イオンファンタジーが運営している。多彩なゲーム機を導入したほか、子供が一人で入場できる遊び場「スキッズガーデン」を併設。子供が遊んでいる間、ゆっくり買い物を楽しみたい親のニーズにも応えた。同フロアにはスイーツ専門店や幼児向けフィットネスクラブ、子供服の「ミキハウス ホットビスケッツ」、100円均一ショップの「ダイソー」も出店。親子が安心して時間を過ごせるフロアを作ったことが、若い母親やファミリー層の注目を集めている。

5階には広大なキッズフロアを展開。子供の一時預かりができるプレイルーム「スキッズガーデン」や、多様なゲーム機がそろうアミューズメント施設はイオンファンタジーが運営
5階には広大なキッズフロアを展開。子供の一時預かりができるプレイルーム「スキッズガーデン」や、多様なゲーム機がそろうアミューズメント施設はイオンファンタジーが運営

 ほかにも郊外ショッピングモール常連のテナントは多い。パルグループの「チャオパニック ティピー」や、ストライプインターナショナル(岡山市)の「アースミュージック&エコロジー」、アダストリアの「グローバルワーク」といったファッションブランドに加え、Francfranc(フランフラン、東京・渋谷)は新業態「U.F.O.」の2号店を出店(関連記事「Francfranc新業態は体験型アミューズメントで集客狙う」)。靴の専門店チェーン「ABCマート」はフラッグシップ業態で出店し、郊外店よりワンランク上の品ぞろえで客単価を上げる狙いだ。梅田初出店となるニトリも、若年層まで広げた品ぞろえで、社内トップクラスの売り上げを目指すという。

郊外型ショッピングモールを中心に店舗拡大してきた、パルグループの「チャオパニックティピー」。レディース、メンズ、キッズアパレルと雑貨を展開する
郊外型ショッピングモールを中心に店舗拡大してきた、パルグループの「チャオパニックティピー」。レディース、メンズ、キッズアパレルと雑貨を展開する
フランフランが展開するエンターテインメント型バラエティーストアの新業態「U.F.O.」。渋谷店に続く2号店。ネイキッドがディレクションしたインスタレーションも楽しめる
フランフランが展開するエンターテインメント型バラエティーストアの新業態「U.F.O.」。渋谷店に続く2号店。ネイキッドがディレクションしたインスタレーションも楽しめる

 スポーツ用品の「ゼビオ」と合わせて地域最大級のスポーツ・アウトドア売り場を構成するのが、19年4月にヨドバシホールディングスの完全子会社となった石井スポーツ(東京・新宿)だ。約4000平方メートルのワンフロアに、アウトドアとスキーの新業態を開業した。従来は熟練者向けが中心だったが、新業態では「ザ・ノース・フェイス」などアパレルのインショップを展開するほか、ファミリー層狙いのオートキャンプ用品も強化した。

「石井スポーツ」はアウトドアとスキーの新業態を展開。ファミリー客をターゲットに、オートキャンプコーナーも充実している
「石井スポーツ」はアウトドアとスキーの新業態を展開。ファミリー客をターゲットに、オートキャンプコーナーも充実している

 郊外立地のテナントを集積するという意外な戦略の背景には、小売りの都心回帰の潮流がある。「これまで郊外を中心に出店してきたテナントも、集客と売り上げが見込める都心のターミナル立地にシフトする傾向がある。もはや郊外で手ごろな商品を大量販売する時代ではない」と、安藤部長は持論を展開する。商業ビル開発では後発だからこそ生まれた発想といえるが、新たな客層を獲得している事実は注目に値するだろう。

梅田初出店の「ニトリ」は売り場面積約2600平方メートルで、新宿店と同じ規模。インテリアのアドバイザーが3Dシミュレーターを使ってトータルコーディネートを提案するサービスも西日本で初めて導入
梅田初出店の「ニトリ」は売り場面積約2600平方メートルで、新宿店と同じ規模。インテリアのアドバイザーが3Dシミュレーターを使ってトータルコーディネートを提案するサービスも西日本で初めて導入
オリジナルバッグが人気の「アネロ」(キャロットカンパニー、大阪市)は心斎橋の旗艦店に続く直営2号店をオープン。国内外の新規客獲得を図る
オリジナルバッグが人気の「アネロ」(キャロットカンパニー、大阪市)は心斎橋の旗艦店に続く直営2号店をオープン。国内外の新規客獲得を図る