福岡県を中心に強力な路線バス網を有する西日本鉄道が、MaaSの取り組みで先頭集団を走っている。トヨタ自動車が2019年11月末から本格展開を始めたMaaSアプリ「my route(マイルート)」に当初から参画している他、4月からは三菱商事と組んでオンデマンドバス「のるーと」の有料サービス実証を進めている。その成果とは?

西日本鉄道と三菱商事が、福岡市東区のアイランドシティを中心としたエリアで展開しているオンデマンドバス「のるーと」
西日本鉄道と三菱商事が、福岡市東区のアイランドシティを中心としたエリアで展開しているオンデマンドバス「のるーと」

 2019年は「MaaS元年」といっても過言ではないほど、全国各地で次々とMaaS関連の取り組みがスタートしている。多くは国土交通省や経済産業省の支援によるプロジェクトで、地域交通を変える目玉としてオンデマンドバスの導入を試しているケースも少なくない。

 オンデマンドバスとは、利用者がスマートフォンのアプリを通じて乗車予約をすると、同じ方向に行く複数の乗客を効率よくピックアップするルートをAI(人工知能)が算出し、目的地に送る乗り合いサービスのこと。既存のバス停より多くのバーチャルストップ(仮想的な乗降場所)が設けられているため、利用者にとっては出発地や目的地近くで乗り降りでき、自分の都合に合わせて呼び出せるので時間の融通が比較的利く。事業者にとっても、大型バスの輸送力を持て余す地域で機動力のある小型のワゴン車を活用することは効率的だし、タクシーと同じ普通二種免許を持つドライバーで対応できることも大きなメリットになる。

 というのも、バス運転手の大型二種免許は取得のハードルが高く、深刻な人手不足につながっている。そこに人口減少の荒波も重なって、バス会社の多くは減便や赤字路線の廃止を検討せざるを得ない状況に陥っているのが現状。これを救う新サービスとして期待されているのが、オンデマンドバスなのだ。

 オンデマンドバスの主なプレーヤーとしては、国内で多くの実証実験に関わる未来シェア(北海道函館市)や、海外で実績のある米ヴィア・トランスポーテーション、ソフトバンクとトヨタ自動車が設立したモネ・テクノロジーズ(東京・港)などが目立つところ(関連記事「相乗り解禁でチャンス? 鍵握る配車システム“日米両雄”の戦略」)。しかし、これら現状のオンデマンドバスは多くが「無料」の実証実験であり、西日本鉄道と三菱商事が合弁会社のネクスト・モビリティを通じて福岡で始めた「のるーと」のように、有料サービスとして事業化の検証を進めている例は少ない。

 その理由の1つは、有償の乗り合いサービスを実施するハードルの高さにある。地元のタクシー事業者などが参加する地域公共交通会議で承認を得た上で、運輸局から事業許可を受ける必要があるのだ。既存の事業者に“脅威”と受け止められれば、当然ながら事業化のめどは立たない。

 その点、のるーとは地元の交通事業者にメリットを示しつつ、しっかり合意形成が取れており、道路運送法上の一般乗合旅客自動車運送事業(区域運行)として展開されている。例えば、のるーとの営業時間は朝6時~夜22時に設定されているが、これはタクシー事業者にとって“ドル箱”の深夜の時間帯を避ける配慮だろう。「そもそも、のるーとは地域の利便性を向上するサービスであり、普通二種免許で運行可能なので、成功すればタクシー事業者にオペレーションを担ってもらうこともできる。新たなビジネスチャンスになり得ることを丁寧に説明し、賛同を得た」(西日本鉄道の未来モビリティ部企画開発課課長、日髙悟氏)という。また、福岡市と連携して地域の説明会を開くなど、行政と一体となった取り組みが特徴的だ。

バス路線拡張よりメリット大

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>