スクウェア・エニックスは2020年3月から体験型アトラクションをテーマパークに提供する。同社執行役員でライブインタラクティブワークス事業部事業部長の渡辺泰仁氏が19年12月に明かした。同社はドラゴンクエストやファイナルファンタジーといった既存のIP(知的財産)を使ったアトラクションの開発にも取り組んでいるという。

CRYSTAL STORYは、「鑑賞型のナイトウォークとRPGを掛け合わせ新しいゲームを作った」(渡辺氏)。ゲーム内でランタンは、ドラクエのコマンドの役割を担う
CRYSTAL STORYは、「鑑賞型のナイトウォークとRPGを掛け合わせ新しいゲームを作った」(渡辺氏)。ゲーム内でランタンは、ドラクエのコマンドの役割を担う

 「LIVE INTERACTIVE WORKS(ライブ・インタラクティブ・ワークス、以下LIW)」は、テーマパークやショッピングモールといった商業施設に向けた、ロケーションベースのエンターテインメントを創出するスクエニ内のプロジェクト。

 日本では、モノ消費からコト消費という流れやカジノなどIR(統合型リゾート)事業の立法化、さらには20年の東京オリンピック開催など、観光立国化に向けた動きが活発になってきた。もともと、同社は「あるテーマパーク業者から、『女性向けの音ゲーが欲しい』という声があった」(スクウェア・エニックス担当者)ことを受けて、17年に体験型音楽アトラクション「BAHAMUT DISCO(バハムートディスコ)」を開発。評判が良かったことから、19年4月に事業部を設けて、本格的にテーマパーク事業に参入している。

20年3月にテーマパークへアトラクションを導入

 19年12月4~6日に開催された第5回テーマパークEXPO内で、渡辺氏は「20年3月にはYOKEROを2カ所のテーマパークへ提供することが決まっている」と、本事業の展開について明かした。CRYSTAL STORYや既存コンテンツの展開についてはまだ決まっていないものの、「20年内に提供できれば」(渡辺氏)と意欲を示した。同じく20年3月、東京タワー内にスクエニ初の大型テーマパーク「NINJA TOWER TOKYO(仮称)」のオープンも予定している。

中央が執行役員ライブインタラクティブワークス事業部事業部長の渡辺泰仁氏。夏菜さんと宇賀氏はCRYSTAL STORYの世界観をイメージしたドレスで登場した
中央が執行役員ライブインタラクティブワークス事業部事業部長の渡辺泰仁氏。夏菜さんと宇賀氏はCRYSTAL STORYの世界観をイメージしたドレスで登場した

 また、「ドラゴンクエストやファイナルファンタジーといった、既存IPを使ったアトラクション開発にも取り組んでいる」(スクウェア・エニックス担当者)という。今後ドラクエの世界を、仲間と一緒に冒険できるかもしれない。同社の既存IPには根強いファンも多くいるので、裾野が広がりそうだ。

 同イベントでスクエニは、新アトラクションも2つ発表した。デジタルアスレチックシリーズ第1弾「YOKERO(ヨケロ)」とナイトウォークシリーズ第1弾「CRYSTAL STORY(クリスタルストーリー)」だ。

左からデジタルアスレチックYOKERO、ナイトウォークCRYSTAL STORYのイメージビジュアル
左からデジタルアスレチックYOKERO、ナイトウォークCRYSTAL STORYのイメージビジュアル

 YOKEROは、5.5×9メートルの全面LEDフロア上を駆け回るアトラクション。遊び方はシンプルで、LEDで表示された白い障害物が四方から迫ってくる中、制限時間まで走ったり飛んだりして避けられればクリア。難易度は7段階設けられており、子供から大人まで誰でも楽しむことができる。

イベントではタレントの夏菜さんがYOKEROに挑戦。「ゲーム感覚でしっかり運動できた。無我夢中でした」(夏菜さん)
イベントではタレントの夏菜さんがYOKEROに挑戦。「ゲーム感覚でしっかり運動できた。無我夢中でした」(夏菜さん)

 CRYSTAL STORYは、ガイドとなる「魔法のランタン」を持ち、幻想的な“不思議の森”の中を探索するアトラクション。VRゴーグルなどは使わず、生身でランタンを持ち歩き進めていく。体験したフリーアナウンサーの宇賀なつみ氏は、「現実を忘れるくらいの幻想的な世界が広がっていた。自分が物語に関わり、入り込んでいくような世界観で面白い」と感想を述べた。

YOKEROのアトラクションについて、「子供の頃を思い出すようなアトラクション。どこか懐かしさがありながら、全面LEDで新しさもある」(宇賀氏)
YOKEROのアトラクションについて、「子供の頃を思い出すようなアトラクション。どこか懐かしさがありながら、全面LEDで新しさもある」(宇賀氏)

 ゲームの世界を現実に――。体1つでゲームの世界に入ってしまうような、そんな感覚がこのアトラクションで感じられるかもしれない。

(写真提供/スクウェア・エニックス)

この記事をいいね!する