スクウェア・エニックスは2020年3月から体験型アトラクションをテーマパークに提供する。同社執行役員でライブインタラクティブワークス事業部事業部長の渡辺泰仁氏が19年12月に明かした。同社はドラゴンクエストやファイナルファンタジーといった既存のIP(知的財産)を使ったアトラクションの開発にも取り組んでいるという。

CRYSTAL STORYは、「鑑賞型のナイトウォークとRPGを掛け合わせ新しいゲームを作った」(渡辺氏)。ゲーム内でランタンは、ドラクエのコマンドの役割を担う
CRYSTAL STORYは、「鑑賞型のナイトウォークとRPGを掛け合わせ新しいゲームを作った」(渡辺氏)。ゲーム内でランタンは、ドラクエのコマンドの役割を担う

 「LIVE INTERACTIVE WORKS(ライブ・インタラクティブ・ワークス、以下LIW)」は、テーマパークやショッピングモールといった商業施設に向けた、ロケーションベースのエンターテインメントを創出するスクエニ内のプロジェクト。

 日本では、モノ消費からコト消費という流れやカジノなどIR(統合型リゾート)事業の立法化、さらには20年の東京オリンピック開催など、観光立国化に向けた動きが活発になってきた。もともと、同社は「あるテーマパーク業者から、『女性向けの音ゲーが欲しい』という声があった」(スクウェア・エニックス担当者)ことを受けて、17年に体験型音楽アトラクション「BAHAMUT DISCO(バハムートディスコ)」を開発。評判が良かったことから、19年4月に事業部を設けて、本格的にテーマパーク事業に参入している。

20年3月にテーマパークへアトラクションを導入

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊発売中】
書籍『マーケティング視点のDX』江端浩人著

DXが「デジタル化」で終わっていませんか?
DXをIT部門に“丸投げ”していませんか?
DXはマーケターの仕事です!
今こそマーケティング視点のDX(DX2.0)を進めよう

DX2.0の「4P」モデル(Problem、Prediction、Process、People)を提唱
国内外の企業事例(富士フイルム、ウォルマート、Zoom…)を10社掲載
「企業のDX診断」、今日から活用できる「DXワークシート」を収録
BP SHOPで購入する
アマゾンで購入する