東急やJR東日本が静岡県の伊豆エリアで手がける観光MaaS「Izuko(イズコ)」は、2019年4月から6月まで行った実証実験に続き、システムを大きく作り替えた第2弾を12月1日よりスタート。Izukoは観光客にとって魅力的なサービスなのか。メディア向け体験会で、新生Izukoの実力を試した。

アプリからWebベースのサービスに生まれ変わった「Izuko(イズコ)」
アプリからWebベースのサービスに生まれ変わった「Izuko(イズコ)」

 Izukoは、伊豆エリアの観光客が交通手段や観光スポットのチケットをスマートフォン上で購入できるサービス。現在、Izuko上で買えるチケットは大きく分けて3種類。電車やバスが乗り降り自由になる周遊券タイプの「交通チケット」、エリア周辺の観光施設の入場券や飲食・体験券などが買える「観光チケット」、そして下田エリアの乗り合い交通を利用するための「下田AIオンデマンドパス」だ。この他、レンタサイクルやレンタカーの予約もできるが、こちらは今のところ外部サイトとの連携にとどまっている。

 前回の実証実験との大きな違いは、専用アプリではなくWebブラウザベースのシステムになったこと。Webに移行した理由について、東急の都市交通戦略企画グループの森田創課長は、QRコードから誘導ができること、ダウンロードの手間が省けること、コンテンツを更新しやすいことの3つを挙げた。観光MaaSの利用者は、当然ながらほとんどが観光客。確かに年に数日間の旅行のためにアプリを入れるよりは、必要なときだけWebブラウザで使える方がスマートかもしれない。

 また利用できる鉄道やバス、観光施設なども大幅に拡充。例えば交通チケットは2種類から6種類に、観光チケットは7種類から14種類に増えた(関連記事「脱MaaSアプリ 東急とJR東の新生Izukoが12月スタート

)。

 今回の実証実験期間は、熱海の梅や河津の桜などの見どころが多く、伊豆エリアの観光客シーズンと重なるため、「いきなり本番でやる状態」(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長の高橋敦司氏)という。新生Izukoは、そんな観光客が便利に使えるサービスになっているだろうか。早速試してみることにした。

画面を見せるだけで乗り放題

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>