電通が100%子会社を通じて、業界初のモビリティサービスの提供に乗り出した。愛車の一時交換アプリ「CAROSET(カローゼット)」だ。「所有から利用へ」というMaaSに代表されるモビリティ変革の荒波の中で、あえてマイカーオーナー向けのサービスを始めた勝算とは?

愛車の一時交換アプリ「カローゼット」は、当初iOS向けに展開
愛車の一時交換アプリ「カローゼット」は、当初iOS向けに展開

 電通子会社のカローゼット(東京・港)が2019年12月10日に展開を始めたアプリ「カローゼット」は、会員同士でマイカーの貸し借りができるプラットフォーム。会員をクルマのオーナーに限定していること、自分のクルマを貸し出した日数分だけ他の会員のクルマを借りられる仕組みで、オーナー間の利用料の支払いは発生しないことがユニークな点であり、業界初のサービスだ(2020年6月以降はアプリの月額基本料・税別780円を徴収予定)。クルマの貸し出し実績がない場合でも「前借り制度」を設けており、30日以内に前借りした日数分、他者にマイカーを貸し出すか、前借り1日につき4980円(税別)を支払うことで借りられるようになる。

 カローゼット会員のメリットとして、まず挙げられるのは、マイカー保有者に限ったサービスのため、運転に不慣れなユーザーに愛車を貸し出す不安が軽減されること。他者にクルマを貸し出しているときは相手のクルマが手元にあるので、貸し出し中にいざクルマが必要になった際も困ることはない。また、任意の自動車保険(車両保険付帯)への加入を入会条件にしているため、万が一の事故発生時は「他車運転特約」によって借り手側の保険を使って事故の補償が行われる。

カローゼットのデモ画面。借りたいクルマのオーナーにリクエストを出し、承認されると貸し出しが成立。利用当日は、オーナーの自宅などに自分のクルマで向かい、その場で免許証による本人確認や、車両の傷などの確認を行う
カローゼットのデモ画面。借りたいクルマのオーナーにリクエストを出し、承認されると貸し出しが成立。利用当日は、オーナーの自宅などに自分のクルマで向かい、その場で免許証による本人確認や、車両の傷などの確認を行う
マイカーを持っていても、すべての利用ニーズを満たせないことが多いという
マイカーを持っていても、すべての利用ニーズを満たせないことが多いという

 具体的な利用シーンとしては、大人数で出かけるときだけ他の会員のミニバンを借りたり、爽快なドライブを楽しみたいときにオープンカーを借りたりといったことが想定される。他にもキャンプやスキーへ行く際にSUVを、荷物運搬が必要なときに軽トラックを借りるなど、多様なシーンがあり得るだろう。

 電通の調査によると、マイカー保有者のうち実に41.4%が「自分のクルマでは十分に目的に足りず、困った経験がある」と回答している。そのうち半数が「その目的を諦めた」というから、潜在ニーズはありそうだ。カローゼットは、こうしたマイカー保有者の不満を解消し、クルマを所有することの価値を高める狙いがある。

 その点で、既存のシェアリングサービスとは一線を画す存在といえる。タイムズ24が展開する「タイムズカーシェア」や三井不動産リアルティの「カレコ・カーシェアリングクラブ」といったカーシェアリング、ディー・エヌ・エーの「Anyca(エニカ)」に代表される個人間カーシェアリングは、いずれも所有から利用への流れを受けたものだ。「地方都市部を中心に、今後もクルマを手放せない人は相当数存在し続けるだろう。現在のシェアリングサービスはマイカー保有者の利便性向上に焦点が当たっておらず、そこにチャンスがある」(カローゼット社長の内藤丈裕氏)という。

 もう1つ、カローゼットの特筆すべき仕組みとしては、「プロオーナー制度」の存在がある。これは自動車ディーラーなどを対象としたもので、試乗車などをカローゼットの会員に貸し出せる。会員にとっては一時交換できるクルマが増えると同時に、プロが点検済みの車両なのでより安心して使える。さらにクルマを借りている間、自分の愛車が使われることがないのもメリットだ。

 一方、ディーラーにとっては、“遊休資産”の試乗車を活用して新規の見込み顧客が来店する仕組みになり得る。カローゼットの会員はマイカー保有者なので、非保有者にアプローチするよりも効率的だろう。そうした思惑から、ボルボ・カー・ジャパン(直営店が対象)や本田技研工業のHonda Cars 東京西、東京や神奈川でBMW、プジョー、JEEPの販売店を運営するサンオータスなどが、すでにカローゼットへの参加を決めている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>