「かなでもの」ブランドでデザイン家具のD2Cビジネスなどを手掛けるスタートアップ企業のbydesign(バイデザイン、東京・品川)が、2019年11月11日から、新たなデザイン家具付き賃貸住宅サービス「Furnished」を展開し始めた。CG技術を生かした新たな試みは、多くの入居希望者に受け入れられるだろうか。

bydesignが2019年11月11日にローンチした、新たなデザイン家具付き賃貸住宅サービス「Furnished」の新着情報画面
bydesignが2019年11月11日にローンチした、新たなデザイン家具付き賃貸住宅サービス「Furnished」の新着情報画面

 通常の家具付き賃貸住宅サービスは、実際に家具を配置した賃貸住宅を入居希望者に内覧してもらい、部屋を気に入った希望者に対して、家具付きの分だけ割高となる月額賃貸料で貸し出すというものがほとんどだ。実際に家具を当該の部屋に運び込み、入居希望者に見せる必要があった。

 これに対し、bydesignが始めたFurnishedは、入居者募集中の既存賃貸物件の室内写真などに、インテリアコーディネーターなどのプロの手を借りて、CG(コンピューターグラフィックス)でデザイン家具や観葉植物などを立体的に書き加え、魅力ある空間の画像に仕立てて、既存物件とは別の物件として入居を募るという手法を採る。「デザインされた空間を、気に入った利用者にそのまま賃貸してもらう」(bydesignの音田康一郎社長)のが狙いだ。

 「現在のCG技術は、家具を配置した部屋を、実際に撮影した写真と遜色ないレベルの画像として制作できる」(音田氏)。そのリアルな物件情報を見て気に入った入居希望者がいた場合に、初めてbydesignが実際にデザイン家具を調達して当該の部屋に運び込み、内覧してもらう。契約に至った場合、入居希望者は、賃貸物件は不動産オーナーと、デザイン家具などはbydesignと、個別に賃貸契約する。家具などの月額賃貸料がbydesignの主な収益源となる。入居者から見れば、家具などを配置する分、合計賃貸料が割高になるのは、従来の家具付き賃貸住宅サービスと同じだ。

 従来のやり方と異なるのは、デザイン家具などを実際に部屋に配置せず、リアルなCGで表現するところ。自社内にCG制作を指揮するディレクターを置き、実際の制作は海外のCG制作者やプロダクションに発注する。加えて、「家具メーカーのカタログやECサイトなど、家具を配置した部屋の写真を多用するメディアなどに対して、CGで制作した空間を売り込み、対価を得ることで、トータルの制作コストを引き下げる」(音田氏)。そうしてCG制作の初期コストを抑えてリスクを低下させ、早期に多くの物件を手掛けることを狙う。「今後は毎月30件追加をめどに、できるだけ早い時期に1000~2000の物件数を市場に出していく」(音田氏)計画だ。

左が“素”の賃貸物件情報。右がCGで魅力ある空間に加工した新しい賃貸物件情報
左が“素”の賃貸物件情報。右がCGで魅力ある空間に加工した新しい賃貸物件情報

指定不動産流通機構から物件情報を選択

 肝心の賃貸物件情報については、国土交通大臣が指定した不動産流通機構(通称:レインズ)のシステム上に流通している情報の中から、魅力ある空間に改変できそうな物件を選んだり、賃貸不動産のオーナーから直接情報を得たりして、仕入れる。

 日本では、不動産会社が専任媒介契約などによってオーナーから物件を預かった場合、対象となる賃貸物件や売却物件の情報をレインズに登録する。登録された情報は他のすべての不動産会社に提供され、最適な買い主を探す手助けになるという仕組みだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>