ニコンイメージングジャパンは2019年12月13日、双眼鏡のエントリーモデル「ACULON T02 8x21」「同10x21」を発売した。狙いはずばりライブ需要。そこで効くのが“推し”カラーだ。本体色を決めるにあたり、担当者が日本のアイドルグループ史を遡り、メンバーのイメージカラーを調べたほどの力の入れようだ。

ニコンが発売した双眼鏡のエントリーモデル「ACULON T02」シリーズ。倍率10倍の「ACULON T02 10x21」はブラック1色、同8倍の「ACULON T02 8x21」は6色で展開
ニコンが発売した双眼鏡のエントリーモデル「ACULON T02」シリーズ。倍率10倍の「ACULON T02 10x21」はブラック1色、同8倍の「ACULON T02 8x21」は6色で展開

 双眼鏡は、地味ながらも着実に伸びている市場だ。ニコンイメージングジャパン マーケティング企画部の佐藤忠志氏は「10年ほど前から毎年微増が続いている。大きな変化はなくても、ニーズは継続している状態」と話す。

ライブ会場近くの量販店で売れる

 けん引しているのが、コンサートや観劇などのライブ需要だ。宝塚歌劇や歌舞伎の劇場では昔からオペラグラスや双眼鏡の貸し出しが一般的だったが、近年はコンサートやアニメなどを舞台化した2.5次元ミュージカルの会場でも自前の双眼鏡を持参する人をよく見るようになった。

「ACULON T02」シリーズのパッケージはライブをイメージ。同時に発売する「Sportstar Zoom」シリーズのスポーツ観戦をイメージしたパッケージと比較するとターゲットが際立つ
「ACULON T02」シリーズのパッケージはライブをイメージ。同時に発売する「Sportstar Zoom」シリーズのスポーツ観戦をイメージしたパッケージと比較するとターゲットが際立つ

 こうした需要が目立ってきたのは2~3年前から。「ちょうど“コト消費”という言葉が一般化してきた頃だった」と、望遠鏡や双眼鏡の開発、製造、販売を手掛けるニコンビジョンのマーケティング部マーケティング一課の高井良彦氏は振り返る。「会場近くの家電量販店では、イベントに合わせて双眼鏡が売れるという話を聞くようになった。近隣のライブ会場でイベントをするアーティストを事前に店頭で告知したり、会場マップとステージまでの距離を示した図を用意したりして、販売を強化する店舗もある」と言う。

 こうした動きにメーカー各社も対応。新商品のトレンドの一つになったのが防振機能だ。光学機器メーカーのビクセン(埼玉県所沢市)やケンコー・トキナー(東京・中野)、キヤノンなどは、女性のバッグにも入る小型・軽量ボディーでありながら、倍率は8~10倍のコンパクトモデルを拡充。倍率を上げても見づらくならないよう、手ぶれを抑える防振機能を搭載している。

 ただ、これらの製品は高機能な分、5万~7万円代と高い。高井氏は「ライブなどで隣の客が双眼鏡を使っているのを見て『自分も欲しい』と思ったものの、いきなり高いモデルを買うのは抵抗があるという人は多いはず。まずは手軽なエントリーモデルを手に取って良さを実感してもらい、上位のモデルに関心を広げていく戦略を選んだ」と話す。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する