ニコンイメージングジャパンは2019年12月13日、双眼鏡のエントリーモデル「ACULON T02 8x21」「同10x21」を発売した。狙いはずばりライブ需要。そこで効くのが“推し”カラーだ。本体色を決めるにあたり、担当者が日本のアイドルグループ史を遡り、メンバーのイメージカラーを調べたほどの力の入れようだ。

ニコンが発売した双眼鏡のエントリーモデル「ACULON T02」シリーズ。倍率10倍の「ACULON T02 10x21」はブラック1色、同8倍の「ACULON T02 8x21」は6色で展開
ニコンが発売した双眼鏡のエントリーモデル「ACULON T02」シリーズ。倍率10倍の「ACULON T02 10x21」はブラック1色、同8倍の「ACULON T02 8x21」は6色で展開

 双眼鏡は、地味ながらも着実に伸びている市場だ。ニコンイメージングジャパン マーケティング企画部の佐藤忠志氏は「10年ほど前から毎年微増が続いている。大きな変化はなくても、ニーズは継続している状態」と話す。

ライブ会場近くの量販店で売れる

 けん引しているのが、コンサートや観劇などのライブ需要だ。宝塚歌劇や歌舞伎の劇場では昔からオペラグラスや双眼鏡の貸し出しが一般的だったが、近年はコンサートやアニメなどを舞台化した2.5次元ミュージカルの会場でも自前の双眼鏡を持参する人をよく見るようになった。

「ACULON T02」シリーズのパッケージはライブをイメージ。同時に発売する「Sportstar Zoom」シリーズのスポーツ観戦をイメージしたパッケージと比較するとターゲットが際立つ
「ACULON T02」シリーズのパッケージはライブをイメージ。同時に発売する「Sportstar Zoom」シリーズのスポーツ観戦をイメージしたパッケージと比較するとターゲットが際立つ

 こうした需要が目立ってきたのは2~3年前から。「ちょうど“コト消費”という言葉が一般化してきた頃だった」と、望遠鏡や双眼鏡の開発、製造、販売を手掛けるニコンビジョンのマーケティング部マーケティング一課の高井良彦氏は振り返る。「会場近くの家電量販店では、イベントに合わせて双眼鏡が売れるという話を聞くようになった。近隣のライブ会場でイベントをするアーティストを事前に店頭で告知したり、会場マップとステージまでの距離を示した図を用意したりして、販売を強化する店舗もある」と言う。

 こうした動きにメーカー各社も対応。新商品のトレンドの一つになったのが防振機能だ。光学機器メーカーのビクセン(埼玉県所沢市)やケンコー・トキナー(東京・中野)、キヤノンなどは、女性のバッグにも入る小型・軽量ボディーでありながら、倍率は8~10倍のコンパクトモデルを拡充。倍率を上げても見づらくならないよう、手ぶれを抑える防振機能を搭載している。

 ただ、これらの製品は高機能な分、5万~7万円代と高い。高井氏は「ライブなどで隣の客が双眼鏡を使っているのを見て『自分も欲しい』と思ったものの、いきなり高いモデルを買うのは抵抗があるという人は多いはず。まずは手軽なエントリーモデルを手に取って良さを実感してもらい、上位のモデルに関心を広げていく戦略を選んだ」と話す。