ファクトリエとデサントが共同で開発した「“座る”を快適にするパンツ」。野球のユニホームの縫製技術を応用することで着用時のストレスを低減。2019年10月に発売したが、発送まで数カ月待ちになるほど人気を集めている。ファクトリエを運営するライフスタイルアクセント代表取締役 山田敏夫氏に人気の理由を聞いた。

山田敏夫氏は1982年に熊本の老舗洋品店に生まれた。2012年にライフスタイルアクセントを設立し、ファクトリエをスタートした。自ら全国の優れた技術力のある工場を訪ね回っている
山田敏夫氏は1982年に熊本の老舗洋品店に生まれた。2012年にライフスタイルアクセントを設立し、ファクトリエをスタートした。自ら全国の優れた技術力のある工場を訪ね回っている

 「“座る”を快適にするパンツ」は、3Dパターンと呼ぶ野球のユニホームに使われている構造と伸縮性のある素材を利用したものだ。通常のパンツでは各脚につき前後に2枚の生地を縫い合わせているところを、各脚1枚の生地を筒状にして作っている。

 野球のユニホームを作っているデサントアパレル(大阪市)の村岡工場(兵庫県香美町)と共同開発したものだ。特徴は動いても生地が引っ掛かりにくいことで、例えば座るときに生地が膝に引っぱられて裾がずり上がったりしない。脚を曲げても突っ張らないので、座った姿勢で快適に過ごせる。ネイビーとブラックがあり、直販価格は1万9800円(税別)。決して安くない製品だが、予想以上の売れ行きで生産が追い付かないほどで、ほとんどのサイズで完売や発送まで数カ月待ちの状態になっている。

 ファクトリエを運営するライフスタイルアクセント代表取締役 山田敏夫氏は、人気の理由を、「長時間座って働くことが多いビジネスパーソンが快適に過ごせるはき心地」にあると語る。

 「はいた姿は普通のスラックスのようだが、はき心地は柔らかい。歯医者、美容師、エンジニア、自転車に乗ることが多い人など“座る”ことをストレスに感じている人からの引き合いが多い。動きやすいので、例えば自転車に乗ったりエクササイズするときに着用して、そのまま上着を着て仕事に出られるようなところが好評なのではないか」(山田氏)

一般のパンツとは縫製のパターンが全く異なる。伸縮性のある素材をこのパターンで縫製するには高い技術が必要になる
一般のパンツとは縫製のパターンが全く異なる。伸縮性のある素材をこのパターンで縫製するには高い技術が必要になる
3Dパターンと呼ぶ、野球のユニホームの構造を応用しているため、手に持っても一般のパンツのように真っすぐ垂れ下がらない
3Dパターンと呼ぶ、野球のユニホームの構造を応用しているため、手に持っても一般のパンツのように真っすぐ垂れ下がらない

 企画の発端は、デサント側と話し合いをしていて“第2、第3の水沢ダウンを作りたい”という話題が出たことだった。デサントが国内に持つ4つの工場のうち、岩手県にある水沢工場がその高い技術を生かして開発したダウンウエアは「水沢ダウン」と呼ばれ、人気を集めている。他の工場にもそれぞれ高い技術があり、それを生かした価値のある商品を開発したいということだった。

 そこで村岡工場を山田氏が訪れて優れた縫製技術などに触れたことから企画が動き始めた。「見に行ったところすごくいい工場で、3Dパターンという優れた技術があった。それをどう活用できるかという話し合いの中で、“座る”という部分に焦点を当てた製品のアイデアが出てきた」(山田氏)。

山田氏自らデサントアパレル村岡工場を訪れ、製品開発に当たった(提供/ファクトリエ)
山田氏自らデサントアパレル村岡工場を訪れ、製品開発に当たった(提供/ファクトリエ)

 村岡工場の3Dパターンと縫製技術は、野球のキャッチャーが立ったりしゃがんだりという動作をスムーズに行えるように開発された技術だ。

 「座ったときやしゃがんだときに一番楽に感じられるように作ってある。例えばタクシーやバスの運転手、飛行機の操縦士など、座る動作にストレスを感じやすい職業に向いている。これから多くの分野に応用できる可能性のある技術ではないか」(山田氏)

 予約を開始したところ大きな反響があり、村岡工場側も非常に驚いていたという。

 「それまで野球のユニホームしか作ってこなかった村岡工場にとって、これから少子化や他のスポーツの人気などにより野球人口が減っていく中で、どうやって生き残っていくかという問題があった。そのため、これまでに培った技術で全く異なる分野の製品を作ることに対してとても前向きだった」(山田氏)

 野球のキャッチャー向けの縫製技術をパンツに採用した発想の転換が新たな需要を掘り起こした。デサントにとって、価格競争の激しい大手スポーツ用品店で販売するものとは異なる、新しい切り口による事業創出につながりそうだ。

ファクトリエのショールーム。製品の感触を確かめ、試着してからネットで注文できる
ファクトリエのショールーム。製品の感触を確かめ、試着してからネットで注文できる

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する