ポルシェジャパンは、新型車「タイカン」のジャパンプレミアを2019年11月20日に開催した。同社初のフル電動スポーツカーで、同日より「期間限定 Porsche タイカン予約プログラム」もスタート。納車予定は20年9月という。19年8月に同社社長に就任したミヒャエル・キルシュ氏がタイカンで夢見るのは「ポルシェ・アズ・ア・サービス」とも言えるものだった。

ミヒャエル・キルシュ社長(右)とプロダクトマネージャーのアレキサンダー・クワース氏。新型ポルシェ「タイカン」(欧州仕様、エクステリアカラー:カーマインレッド)のグレードは性能が高い順に「タイカンターボ S」「同ターボ」(写真)、「同4S」の3つがある。国内での価格は未定だが、ドイツではターボSが18万5456ユーロ
ミヒャエル・キルシュ社長(右)とプロダクトマネージャーのアレキサンダー・クワース氏。新型ポルシェ「タイカン」(欧州仕様、エクステリアカラー:カーマインレッド)のグレードは性能が高い順に「タイカンターボ S」「同ターボ」(写真)、「同4S」の3つがある。国内での価格は未定だが、ドイツではターボSが18万5456ユーロ

 「タイカンは電動化された魂を持つ生粋のスポーツカー」――ジャパンプレミアに登壇したミヒャエル社長は力強く宣言した。さらに「タイカンはポルシェの伝統とイノベーションの結実。これまでアジア市場では数字だけでなくクオリティーも追求してきた。日本でも成功を収めるよう務めたい」と意気込みを語った。

 高性能モデルのターボ Sは前後に2基の電気モーターを搭載し、最大761psを発揮。時速0~100キロの加速はわずか2.8秒で、この数字は「911 GT2 RS」と同じだ。同社マーケティング部、プロダクトマネージャーのアレキサンダー・クワース氏は、「実際に乗車してみると異次元のパフォーマンスを味わうことができる」と、電気自動車(EV)でありながら最新のスポーツカーと遜色ない性能を自慢した。

 性能以外のトピックとしては、世界で初めて音楽のサブスクリプションサービスである「Apple Music」を車両の機能として組み込んだ点がある。ダッシュボードの中央には10.9インチのセンターディスプレーを配備し、タッチスクリーン操作で誰でも5000万曲以上の楽曲を車内で楽しめる。別途スマホは必要ないし、「ストリーミングのために必要なデータ量は3年間無料で提供する」(アレキサンダー氏)という。

ダッシュボード中央にあるディスプレーでApple Musicなど車内装備を設定・操作する
ダッシュボード中央にあるディスプレーでApple Musicなど車内装備を設定・操作する

 ポルシェはタイカンの開発を皮切りに今後も電動化をいっそう推進する。全国のポルシェセンターや公共施設に「CHAdeMO」規格に準拠した急速充電器を設置。その充電出力は国内で最もパワフルな150キロワットで、タイカンのバッテリーを30分以内で80%まで充電する能力を備える。

 「この充電器を使用すればたったの10分で最大100キロメートルの走行距離が可能になる。また、自宅に充電器の設置が可能となるようサポートも提供していく」(アレキサンダー氏)考えだ。