日本デザイン振興会は2019年10月31日、2019年度グッドデザイン大賞として富士フイルムの「結核迅速診断キット」を選んだ。受賞作品の展示会場には、大手メーカーの経営トップが相次いで姿を見せるなど、デザインの重要性を再認識する姿勢がうかがわれた。

グッドデザイン大賞を受賞した富士フイルム「結核迅速診断キット」。 電力供給などインフラが安定していない途上国に供給される診断キットなので、電源や機器などが不要でも使えるようにした(写真提供:日本デザイン振興会)
グッドデザイン大賞を受賞した富士フイルム「結核迅速診断キット」。 電力供給などインフラが安定していない途上国に供給される診断キットなので、電源や機器などが不要でも使えるようにした(写真提供:日本デザイン振興会)
グッドデザイン大賞の展示会場では、モニターで診断キットを使った検査方法の映像を流すなど、結核迅速診断キットの使い方が分かるようにした
グッドデザイン大賞の展示会場では、モニターで診断キットを使った検査方法の映像を流すなど、結核迅速診断キットの使い方が分かるようにした

 グッドデザイン大賞を受賞した富士フイルムの「結核迅速診断キット」は、結核疾患の可能性があるHIV陽性患者に向けて開発されたもの。採取が容易な尿を検体に用いる診断キットで、富士フイルムが写真現像技術で培った「銀塩増幅技術」を応用した。アフリカや東南アジアなど結核とHIV患者数が多い途上国のみへの供給で、日本での販売は予定していない。

 富士フイルムは11年に、銀塩増幅技術でインフルエンザの診断用の検査キットを開発。既に国内で普及しているもので、現在も販売している。結核迅速診断キットはインフルエンザウイルスの検査キットの技術を応用、発展させて開発したものだ。開発のきっかけは、15年に銀塩増幅技術に注目したスイスの非営利団体FINDから、喀痰(かくたん)の採取が難しいHIV患者に向けた結核診断キットも作ってほしい、と声を掛けられたことだった。

 検査キットのデザインを担当した富士フイルム デザインセンターの大野博利氏は、検査キットのデザインについて「検体をキットに垂らして、2つのボタンを順番に押す。カートリッジを見れば操作手順が直感的に分かるようにデザインした」と話す。

 この他、19企業・団体などにグッドデザイン金賞を、12企業・団体などにグッドフォーカス賞を授与した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>