建て替えで休業していた「渋谷パルコ」が2019年11月22日、3年3カ月ぶりにオープンした。入り口かららせん状に屋上広場へつながる立体街路が印象的な建物で、地下1階から地上9階(10階の一部)の商業フロアに個性的な専門店が193店舗出店。初年度テナント取扱高約200億円を目指す。

さまざまな面を持つ立体的な外壁構成のテーマは「原石の集積」。異なった思想や才能が引き付け合って、一つの塊になることでイノベーションを引き起こすことをイメージ
さまざまな面を持つ立体的な外壁構成のテーマは「原石の集積」。異なった思想や才能が引き付け合って、一つの塊になることでイノベーションを引き起こすことをイメージ

11店舗を集積したオムニチャネルショップが登場

 オープンにあたり、パルコの牧山浩三社長は「池袋パルコがオープンして50年。パルコの第2章が始まると同時に、すてきな新生渋谷パルコが誕生したと自負している。次の時代を作っていく人たちがここで活躍し、それに感銘を受けて集う人も時代を作っていくという循環を生み出すことがパルコの役割。渋谷のヘソとして、情報発信の中心になると期待している」と語った。

 コンセプトは世界へ発信する唯一無二の「次世代型商業施設」。ファッション、アート&カルチャー、エンターテインメント、フード、テクノロジーの5つのテーマで構成し、それぞれをミックスしてフロアを編集しているのが特徴だ。従来の商業施設とは一線を画した、新感覚の刺激や楽しさを体験できるという。他の商業施設とは何が違うのか。

渋谷パルコ・パートIとパートIIIの間にあった道路は「ナカシブ通り」と名づけられ、24時間通れる2層吹き抜け、幅8メートルの歩行者専用通路として生まれ変わった。幅約17×高さ約3メートルのアートウインドーも見どころ
渋谷パルコ・パートIとパートIIIの間にあった道路は「ナカシブ通り」と名づけられ、24時間通れる2層吹き抜け、幅8メートルの歩行者専用通路として生まれ変わった。幅約17×高さ約3メートルのアートウインドーも見どころ
スペイン坂から続く立体街路には、フロア毎に店舗への入り口があり、渋谷の街を歩きながらショッピングを楽しめるような空間になっている
スペイン坂から続く立体街路には、フロア毎に店舗への入り口があり、渋谷の街を歩きながらショッピングを楽しめるような空間になっている

 5つのテーマの中で注目は、デジタル技術を活用した売り場だ。AI(人工知能)ロボットによるコミュニケーションサービスから決済システムまで、さまざまな最新テクノロジーを導入。近未来の商業施設を感じさせる仕掛けが随所に見られる。

 押さえておきたいのがリアルとデジタルが融合したオムニチャネルショップ「パルコ キューブ」。5階中央の約430平方メートルの区画に、レディースブランド「キャンディストリッパー」など11店舗が集積し、ショールーム的機能を生かした販売方法にチャレンジしている。各店舗は従来の半分程度の面積で、店頭では戦略商品や限定商品を中心に絞り込んで展開。その他の商品や在庫がない色やサイズは、EC(電子商取引)で購入できる仕組みだ。

ファッションの売り場にテクノロジーを掛け合わせ、ECとリアルをつなぐショールーミングゾーン「パルコ キューブ」。約130坪のゾーンにレディスを中心とした11ブランドが出店している
ファッションの売り場にテクノロジーを掛け合わせ、ECとリアルをつなぐショールーミングゾーン「パルコ キューブ」。約130坪のゾーンにレディスを中心とした11ブランドが出店している

 これはテナント側の自社ECとパルコオンラインストアを連携させることで実現した。パルコオンラインで受注後、テナントの倉庫から顧客に直接発送する。売り上げはすべてテナントの渋谷パルコ店に計上される。「ECへの送客が消極的になりがちなので、すべて店頭売り上げとした。一番の特徴はアプリが不要な点。難しい作業を嫌がる女性客のために、なるべく簡単にしてウェブの仕組みを採用した。ECと連動することで売り逃しを減らせる」と、パルコ グループデジタル推進室デジタル推進担当業務課長の在田正弘氏は説明する。

 操作は共用部の大型サイネージやショップ内のサイネージ・タブレット端末でQRコードを読み取り、気に入った商品のデータをスマートフォンに転送して購入するだけ。「余分な作業はすべてテクノロジーに任せることで、テナントは接客やコミュニケーションの時間を最大化できる」(牧山社長)のが大きな利点だ。

 一部の店には試着時に自分の後ろ姿を見ることができる「キューブ ミラー」も設置。AIアシスタント機能を実装した自律走行式パーソナルアシスタントロボット「テミ」が、売り場の案内係として試験的に導入されている。テミはパルコと国内クラウドファンディング大手のCAMPFIRE(キャンプファイヤー、東京・渋谷)が共同運営するAIショールーミングストア「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE(ブースタースタジオ バイ キャンプファイヤー)」(1階)で購入可能だ。他には5階の吹き抜け空間に常設された、XR(VRやAR、MRなど、テクノロジーによる仮想空間演出)を使った、「3Dクリエイティブコンテンツ」の鑑賞サービスも面白い。

VRコンテンツアワードでパルコ賞を受賞したVR空間デザイナー、Discont氏によるデジタルインスタレーション作品を5階吹き抜け空間に常設展示。水槽に見立てた空間が、体験者のインタラクションによって変化していく架空のシミュレーターをイメージ
VRコンテンツアワードでパルコ賞を受賞したVR空間デザイナー、Discont氏によるデジタルインスタレーション作品を5階吹き抜け空間に常設展示。水槽に見立てた空間が、体験者のインタラクションによって変化していく架空のシミュレーターをイメージ