“デジタルイノベーション”の創出を掲げるテクノロジー企業のZEPPELIN(ツェッペリン、東京・渋谷)が、電通デジタル、KDDIと組んで、新たな広告市場の開拓に挑む。2020年初め、都内の商業施設でAR(拡張現実)による巨大広告を映し出すトライアルを開始。20年春以降に、競技場でのスポーツやエンターテインメント分野にも展開する計画だ。

 ZEPPELINは、AR(拡張現実)とAI(人工知能)を活用した3次元マーケティング・プラットフォーム「ARaddin(アラジン)」を新規に開発した。地図情報や衛星写真、画像情報などに基づいてビルや建物内を表す3次元マップを作成し、そのマップ上に人物やキャラクター、商品などをARで表現できる。

 このプラットフォームの機能を新たな広告サービスに適用する。消費者はスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、スマホのカメラをビルなどの建造物にかざすことにより、人物やキャラクター、商品などが建造物の外壁から立体的に、3次元で、画面に広告として表示される仕組みである。

ARaddinを利用したサービスイメージ(画像提供:ZEPPELIN)
ARaddinを利用したサービスイメージ(画像提供:ZEPPELIN)

 第1弾として、2020年初めに都内の商業施設において、ARによる巨大広告を映し出すトライアルを実施する。さらに来春へ向けて、プロ野球の試合中に人物や商品イメージをARで体感してもらうイベントの開催も計画している。

 今回の3次元広告事業は、電通デジタル、KDDIとの協業で展開する。電通デジタルが広告主を開拓し、KDDIが技術面で協力する。このほか、「不動産や航空機などの有形資産を保有する企業とも提携を進めており、今後、協業先を増やしていく」(ZEPPELIN代表取締役社長の鳥越康平氏)。

ARaddinをファッションの広告に応用したサービスイメージ(画像提供:ZEPPELIN)
ARaddinをファッションの広告に応用したサービスイメージ(画像提供:ZEPPELIN)
ARaddinをクルマの広告に応用したサービスイメージ(画像提供:ZEPPELIN)
ARaddinをクルマの広告に応用したサービスイメージ(画像提供:ZEPPELIN)

米SturfeeのVPSを採用し、よりリアルに

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>