「TikTok」に代表されるショートビデオなど、動画配信のトレンドで日本の先を行く中国。今年急速に伸びているのが、日常生活を飾らずに10~20分の動画で紹介する「Vlog(ブイログ)」だ。背景にあるのは、インフルエンサーの投稿が過剰に広告目的化したことがある。これに対し、日本ではユーチューバーの重要性は揺るがないと関係者は見る。

中国の有力インフルエンサーが配信した日本への旅行のVlog(ブイログ)
中国の有力インフルエンサーが配信した日本への旅行のVlog(ブイログ)

 中国・深センの全天球カメラメーカー・Arashi Vision(ブランド名は「Insta360」)が2019年10月、新たな事業領域に参入した。親指サイズと極めて小さいアクションカメラ「Insta360 GO」だ(参考記事:「「親指サイズのアクションカメラ AIサポートの編集機能も画期的」」)。

 これまでのアクションカメラは防水性や耐衝撃性、手ぶれ補正の性能の高さが売りで、スポーツなど動きの激しい撮影に主眼が置かれてきた。これに対してInsta360 GOは重さが18.3gと極めて軽く、付属のマグネットやクリップを使い、服やキャップに取り付けて使える手軽さが売り。軽く押すだけで30秒(設定により最大1分間)の動画撮影ができるほか、静止画を連続撮影するハイパーラプスなら最大8時間記録することができる。撮影した画像は、スマホアプリが人工知能(AI)で自動編集(iOS版のみ)。ベストショットを切り出し、BGMを付けてダイジェスト動画が生成される。日常の出来事を撮影して、SNSに投稿する「ウエアラブルカメラ」とでも言うべき、今までにないカテゴリーの製品だ。

「Insta360 GO」のサイズは親指程度と極めて小さい(写真提供/Arashi Vision)
「Insta360 GO」のサイズは親指程度と極めて小さい(写真提供/Arashi Vision)
服などに取り付けて撮影が可能(写真提供/Arashi Vision)
服などに取り付けて撮影が可能(写真提供/Arashi Vision)
ウエアラブル撮影した例(写真提供/Arashi Vision)
ウエアラブル撮影した例(写真提供/Arashi Vision)

 商品企画の背景として、Arashi Visionは中国での「Vlog(ブイログ)」ブームを挙げる。VlogとはVideo Blogの略。ブログのように、日常の出来事を動画で紹介するもので、特に作り込まれた凝ったコンテンツではない。

 中国のトレンドを分析し、プロモーション戦略などを支援しているトレンドExpress(東京・千代田)のプランニング部長・神林珠希氏によると、「18年がVlog元年だった」という。その前の16年にはライブ動画がはやり、17年には「抖音(Douyin)」などのショートビデオがはやった。抖音は「TikTok」の名前で日本にも進出し、若者の支持を得ているのはよく知られている通りだ。

 TikTokでダンス動画が好まれることからも分かるように、ショートビデオで目を引くコンテンツの主流は派手でインパクトがあるもの。ここまでは中国も日本と同じだ。しかし、大きな違いが一つある。日本のTikTokは商品の直接的なPRが商用利用として禁止されているのに対し、中国の抖音にはECへのリンク機能が実装され、プロモーション投稿が可能なのだ。そのため、有力インフルエンサーの多くが広告目的のショートビデオを投稿。「広告ばっかりという印象が根付いてしまった」(神林氏)。

 同じような評価は抖音だけに限らない。中国版Instagramと言われる「小紅書(RED)」に至っては、アプリ内で商品が買える仕組み。SNS型ECアプリとも呼ばれ、商用目的の投稿が席巻している状態だ。

 商品紹介という狙いが見え見えの投稿が増えるにつれ、人々が求め始めたのが、飾らない日常生活を垣間見ることができるVlogだった。19年6月に中国の調査会社iiMedia Researchが公開したリポートによると、中国のVlog利用者は18年に1億2600万人だったのに対し、19年には2億4900万人へと倍増。高速大容量の次世代通信規格「5G」が商用化されることから、同社は20年には3億6800万人、21年には4億8800万人まで増加すると予測している。

 同社の調査によると、Vlogユーザーの87%が休息や娯楽目的で視聴していると回答。また平均視聴時間は10~20分と、15秒に限られているショートビデオとは大きく異なる。視聴するタイミングについては、半数以上のユーザーが食後あるいは就寝前を挙げており、ある程度まとまった時間がある時に見ているようだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>