消費税率が8%から10%に上がった2019年10月。食品カテゴリーは大半の商品に軽減税率が適用されるが、一部適用外の商品群では9月に駆け込み需要があった分、10月の販売が落ち込んだ。一方で大型の台風に対する備えから、非常食となる水や缶詰、即席食品の販売が伸びた。

10月の食品カテゴリーで、みりん・調理酒の販売額が大きく減少
10月の食品カテゴリーで、みりん・調理酒の販売額が大きく減少

 全国小売店の販売データを集計する日経POS情報の食品全カテゴリーで、2019年10月の来店客千人当り販売金額の前年同月比伸び率を調べてみた。

 伸び率のワースト、すなわち減少率トップは「みりん・調理酒」で前年同月比16.2%減。以下、「焼酎類」16.0%減、「日本酒」12.9%減、「発泡酒」12.2%減と酒類が続く。

軽減税率の対象にならない酒類は、9月に駆け込み需要があった分、10月は反動減に見舞われた
軽減税率の対象にならない酒類は、9月に駆け込み需要があった分、10月は反動減に見舞われた

 10月からの消費税率10%へのアップに際し、飲食料品は軽減税率の対象で8%に据え置かれている。ただし酒類は軽減税率の対象外で10%。そのため、8%で買える9月に駆け込み購入が起こり、10月は一転して買い控えが生じた格好だ。

 減少率トップのみりんは、酒類に分類される本みりんと、食品扱いのみりん風調味料とに分けられる。本みりんは、もち米、米こうじを原料に醸造したもので、アルコール度数は14%ほど。一方のみりん風調味料は、ブドウ糖や水あめにうまみ成分を加えたもので、アルコール度数は1%未満。酒税法の規定から外れるため、ノンアルコールビールと同様に軽減税率が適用される。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>