消費税率が8%から10%に上がった2019年10月。食品カテゴリーは大半の商品に軽減税率が適用されるが、一部適用外の商品群では9月に駆け込み需要があった分、10月の販売が落ち込んだ。一方で大型の台風に対する備えから、非常食となる水や缶詰、即席食品の販売が伸びた。

10月の食品カテゴリーで、みりん・調理酒の販売額が大きく減少
10月の食品カテゴリーで、みりん・調理酒の販売額が大きく減少

 全国小売店の販売データを集計する日経POS情報の食品全カテゴリーで、2019年10月の来店客千人当り販売金額の前年同月比伸び率を調べてみた。

 伸び率のワースト、すなわち減少率トップは「みりん・調理酒」で前年同月比16.2%減。以下、「焼酎類」16.0%減、「日本酒」12.9%減、「発泡酒」12.2%減と酒類が続く。

軽減税率の対象にならない酒類は、9月に駆け込み需要があった分、10月は反動減に見舞われた
軽減税率の対象にならない酒類は、9月に駆け込み需要があった分、10月は反動減に見舞われた

 10月からの消費税率10%へのアップに際し、飲食料品は軽減税率の対象で8%に据え置かれている。ただし酒類は軽減税率の対象外で10%。そのため、8%で買える9月に駆け込み購入が起こり、10月は一転して買い控えが生じた格好だ。

 減少率トップのみりんは、酒類に分類される本みりんと、食品扱いのみりん風調味料とに分けられる。本みりんは、もち米、米こうじを原料に醸造したもので、アルコール度数は14%ほど。一方のみりん風調味料は、ブドウ糖や水あめにうまみ成分を加えたもので、アルコール度数は1%未満。酒税法の規定から外れるため、ノンアルコールビールと同様に軽減税率が適用される。

 みりん・調理酒カテゴリーで売れ筋トップである「タカラ本みりん『醇良』1Lペット」の19年10月の来店客千人当り販売金額は、前年同月比24.7%減。一方、前月の9月は同112.0%増と倍増していた。本みりんの賞味期限は、開封していなければ1年以上もつ商品が大半なため、9月の買いだめが一巡するまで売り上げの前年割れが続く可能性がある。

台風19号への備えで非常食が上位に

 では食品全カテゴリーで10月の販売金額が伸びた商品群は何か? トップは、「ココア・チョコレート飲料」で前年同月比32.5%増。以下、「水」32.3%増、9月にトップだった「紅茶飲料」29.3%増、「畜肉缶詰」25.7%増、「即席食品」23.7%増、「即席カップめん」20.0%増と続く。

高たんぱくのプロテインを手軽に摂取できる商品が人気(9位と10位は小数点2位以下で差がある)
高たんぱくのプロテインを手軽に摂取できる商品が人気(9位と10位は小数点2位以下で差がある)

 ココア・チョコレート飲料カテゴリーの売れ筋商品トップ5のうち、1、2、4位を占めたのが、明治のプロテインブランド「ザバス」だ。運動後にゴクゴク飲めるドリンクタイプのココア味が人気で、容量違いの紙パック商品が上位を独占した。

 プロテインの購入はかつてはアスリートが中心だったが、健康志向の高まりから「高たんぱく」を売りにする手軽な商品が軽い運動をする層にまで広がっている。20年の東京五輪に向けてさらなる市場拡大が見込まれることから、明治は180億円を投資して岡山県倉敷市にプロテインなどを生産する新工場を建設。プロテインの生産能力を拡充する。

 水、畜肉缶詰、即席食品、即席カップめんは、記録的な大雨と被害をもたらした台風19号に対する備え、非常食需要であろう。サトウ食品「サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 200g 5食パック」の10月の来店客千人当り販売金額は、前年同月比25.8%増だった。

この記事をいいね!する