2018年末に発売された「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が300万本超を売るなど、19年にかけて「Nintendo Switch」の存在感が際立った。一方、米グーグルや米アップルがゲーム業界に本格参戦。20年末には「プレイステーション 5」の発売も控える。激動の予感も漂うゲーム業界の今後を、「週刊ファミ通」編集長の林克彦氏が読み解く。

林 克彦(はやし かつひこ)氏
「週刊ファミ通」編集人・編集長
1973年、青森県生まれ。94年より「週刊ファミ通」編集部に勤務。ニュースページ担当デスク、副編集長を経て、2013年4月「週刊ファミ通」編集長に就任。ゲームは雑食。インタビュー好き。進化を続けるゲーム業界に常に対応すべく、アグレッシブな誌面作りを心掛けている

 18年末からの1年間を総括しつつ、新たなプレーヤーが増える20年について予測してもらった。

任天堂がハードとソフトの両面で強み

18年末から19年にかけて最も売れたゲームソフトは、2位に大差をつけて「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(以下スマブラSP)」(任天堂)でした。

林克彦氏(以下、林氏) スマブラSPは、過去の全てのファイターが登場するなど、集大成的な1本でした。売れるべくして売れたとも言えるでしょう。さらに、ハード機である「Nintendo Switch(以下スイッチ)」(任天堂)の勢いとの相乗効果も見逃せません。スイッチの累計販売台数は「PlayStation 4(以下プレステ4)」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)を上回っており、年末年始にかけて、さらに販売台数を伸ばすと思います。

 スイッチが発売されたばかりの頃は、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(任天堂)や「スーパーマリオ オデッセイ」(同)などを発売し、任天堂はまずコアなゲームファンを取り込みました。スマブラSPはその集大成と言えると同時に、ライトなゲームファンにもリーチできる強力なタイトルです。ハード機メーカーとして、ゲームソフトメーカーとして、両面での任天堂の強さがうまく合致したことが、スイッチの勢いにつながっていると思います。

19年9月発売の「Nintendo Switch Lite(以下スイッチライト)」(任天堂)は、発売3日間での累計販売台数が17万台以上を記録。同年10月発売のスイッチ用ゲームソフト「リングフィット アドベンチャー」(任天堂)は2週間で13万本以上販売と、共に好調な出だしでした。今後もスイッチの勢いは続くのでしょうか。

林氏 スイッチの強みは据え置き機としても、携帯機としても使えることです。スイッチライトは携帯機に振り切っていて、ジョイントコントローラーも本体と一体化しているなど、かなり割り切った作りだという印象です。ただ、20年3月には「あつまれ どうぶつの森」(任天堂)が発売されます。どうぶつの森ユーザーは女性比率が高いこともあり、むしろ据え置き機として使えなくても、手軽に使えるスイッチライトのほうがいいというユーザーは多いかもしれません。任天堂もそれを見越して、スイッチライトを発売した可能性は高いと思います。

 「リングフィット アドベンチャー」は、フィットネスブームの追い風もあり、個人的にはすごくはやると思っています。短期間の開発で発売できるゲームではありませんから、早い段階からフィットネスに目を付けていたということ。このタイミングで発売できる戦略は素晴らしい。さらに、同じくフィットネスに主眼を置いていた、かつての「Wii Fit」(任天堂)より、さらにエンタメ性を高めたといえる出来栄えです。「敵を倒すために腹筋する」といった高いゲーム性とフィットネスの両立は、任天堂でないとできません。特に、中高年の需要がかなりあると予想できます。

 前述の通り、まずはゲームファンを中心に取り込んできましたが、さらに女性や中高年を取り込もうという任天堂のアグレッシブな姿勢がうかがえます。改めてここ数年、任天堂の強さを実感しています。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>