池袋東口にある中池袋公園で2019年11月1日、「IKEBUS(イケバス)」の出発式が行われた。イケバスは駅周辺の商業施設や公園、役所などを巡る電気駆動のミニバス。地域の快適な移動を実現することで、池袋再開発の目玉として注目を浴びている。導入の狙いを探った。

池袋の再開発はイケバスに塗られた「IKEBUKURO RED」がイメージカラーになっている。イケバスはその顔とも言うべき存在
池袋の再開発はイケバスに塗られた「IKEBUKURO RED」がイメージカラーになっている。イケバスはその顔とも言うべき存在

ボディーは職人の手作り、超特殊仕様の電気自動車

 まずは冒頭の写真を見てほしい。コミュニティーバス程度の小さな車体に、真っ赤な塗装。細部をよく見れば、小さなタイヤが片側5つの計10輪。なんともかわいらしい外観ながら、このバスは各ホイールの内部に電気モーターを組み込んだインホイールモーターの「10WD8WS=10輪駆動8輪操舵(そうだ)」という、かなり特殊な仕様の電気自動車(EV)なのだ。これこそ新たに池袋東口と西口のそれぞれを起点に2つのルートを循環する、池袋再開発の顔、「イケバス」だ。

片側5輪の計10輪。すべてがインホイールモーターを組み込んだ駆動輪である。前側8輪はハンドルを切ると操舵輪として角度が変わる。後へいくほど切れ角が小さくなる。小型ボディーと相まって小回りが利く
片側5輪の計10輪。すべてがインホイールモーターを組み込んだ駆動輪である。前側8輪はハンドルを切ると操舵輪として角度が変わる。後へいくほど切れ角が小さくなる。小型ボディーと相まって小回りが利く

 出発式では「豊島区に住んで30年」というフリーアナウンサーの笠井信輔氏を司会進行役に、豊島区の高野之夫区長、車体デザインを手掛けたドーンデザイン研究所代表取締役の水戸岡鋭治氏、運行管理を担当する高速バス大手のWILLER(ウィラー、大阪市)代表取締役の村瀬茂高氏などが登壇。イケバスの役割やデザインの裏話などが紹介された。

 池袋駅東口では中池袋公園を中心に、豊島区役所跡地に建設しているオフィスビル「Hareza Tower」、ライブハウスなども内包した多目的ホール「東京建物 Brillia HALL」、リニューアルして生まれ変わった「としま区民センター」を合わせて“国際アート・カルチャー都市”を標榜、「Hareza池袋」という名称で再開発が進んでいる。イケバスもこの再開発の一環である。

19年11月1日は「東京建物 Brillia HALL」と「としま区民センター」も同時にオープン。朝からイベントやセレモニー続きの豊島区高野之夫区長
19年11月1日は「東京建物 Brillia HALL」と「としま区民センター」も同時にオープン。朝からイベントやセレモニー続きの豊島区高野之夫区長
車体デザインを手掛けたドーンデザイン研究所代表取締役の水戸岡鋭治氏。今までさまざまな乗り物や建物のデザインを手掛けてきたインダストリアルデザイナーだ
車体デザインを手掛けたドーンデザイン研究所代表取締役の水戸岡鋭治氏。今までさまざまな乗り物や建物のデザインを手掛けてきたインダストリアルデザイナーだ

 水戸岡氏によれば、イケバスのボディーは大手自動車メーカーが用いるプレス加工では作れないため、職人たちが1台1台、手作りで仕上げているという。ボディーカラーの赤は「池袋といえばイケバスの“赤”が思い浮かぶ町に」という思いを込め、独自に調色したとのこと。その名も「IKEBUKURO RED」。

 とはいえ、実は全10台あるうちの1台、7号車だけは黄色く塗られている。これは高野区長がかつて北海道・夕張に行った際に「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」で見た「黄色いハンカチ」に由来している。「幸せ(のイメージ)はやはり“黄色”だ」と区長が水戸岡氏に依頼したのだそうだ。

高野区長が北海道の夕張で着想を得たという全10台のうち1台だけの「黄色いイケバス」。新幹線のドクターイエローのように「見るとラッキー」といった“希少価値”が生まれるかも
高野区長が北海道の夕張で着想を得たという全10台のうち1台だけの「黄色いイケバス」。新幹線のドクターイエローのように「見るとラッキー」といった“希少価値”が生まれるかも

 EVのコミュニティーバスとしては、富山・宇奈月温泉を走る「EMU(エミュー)」、群馬県桐生市の「MAYU(まゆ)」といった先行事例があり、どちらもEV製造・販売のシンクトゥギャザー(群馬県桐生市)が手掛けている。今回のイケバスは同社が開発した「eCOM-10」をベースに、水戸岡氏がデザインを担当した。同氏はJR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」をはじめ、さまざまな電車やバスのデザインで知られる。

意外とシンプルでコンパクトにまとめられた運転席。満充電で60キロメートルの走行が可能。1回の充電で1日運行できる。充電設備は豊島区役所駐車場に設けられた
意外とシンプルでコンパクトにまとめられた運転席。満充電で60キロメートルの走行が可能。1回の充電で1日運行できる。充電設備は豊島区役所駐車場に設けられた
女性ドライバーも数人いるとのこと
女性ドライバーも数人いるとのこと
出発式会場の中池袋公園の一角では、イケバスへの試乗が可能になる記念グッズを販売
出発式会場の中池袋公園の一角では、イケバスへの試乗が可能になる記念グッズを販売