スターバックス コーヒー ジャパンが非接触の決済機能付きのボールペンを2019年9月25日に発売した。価格は5000円を超え、高級文具の部類に入る。スマホアプリでの決済を勧めてきた同社が、なぜペンを開発したのか。 

「STARBUCKS TOUCH The Pen(スターバックス タッチ ペン)」(税込み5400円。本体4000円+税に加え、販売時にあらかじめ1000円分がチャージされている)。繰り返しチャージ可能で、同社のサービス「My Starbucks」の会員登録を行うことでオンライン入金や残高補償のサービスが利用できる
「STARBUCKS TOUCH The Pen(スターバックス タッチ ペン)」(税込み5400円。本体4000円+税に加え、販売時にあらかじめ1000円分がチャージされている)。繰り返しチャージ可能で、同社のサービス「My Starbucks」の会員登録を行うことでオンライン入金や残高補償のサービスが利用できる

ゼブラと協業「コーヒーをイメージした」高級ボールペン

 「STARBUCKS TOUCH The Pen(スターバックス タッチ ペン。以下、タッチ ペン)」はスターバックス コーヒー ジャパンが文具メーカー・ゼブラと共同開発した新商品。シルバー、ブラック、ホワイトの全3色で、コーヒーをドリップする際に用いるステンレスのケトルやセラミックのドリッパーなどをイメージしたデザインだ。

 ペンの上部には非接触型のICチップが埋め込まれているので店頭やオンライン上で事前に入金しておけば、店頭でペンを端末にかざすだけでコーヒーが買える。だが、スターバックスは2016年から公式アプリを使ったキャッシュレス決済を導入しており、利用者も順調に増えている。なぜ、決済機能付きのボールペンを開発したのか。

ユニークなグッズで決済の瞬間に楽しみを感じてもらいたい

 実はスターバックス コーヒー ジャパンが決済機能を付けた雑貨を扱うのは、これが初めてではない。15年5月のiPhoneケースを皮切りに、「STARBUCKS TOUCH(スターバックス タッチ)」シリーズとしてこれまでにもいくつかの商品を発売している。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>