モバイル決済各社が、サービス利用から決済までをシームレスにつなぐアプリ作りに本腰を入れ始めた。NTTドコモとPayPay(東京・千代田)は2019年秋から、決済アプリに他社のサービスを実装する「ミニアプリ」の展開を開始。一方、Origami(東京・港)は各社の会員アプリに対し、決済機能を提供して普及を図る。

決算会見で「d払いアプリ」の「ミニアプリ」機能について説明するNTTドコモの吉澤和弘社長
決算会見で「d払いアプリ」の「ミニアプリ」機能について説明するNTTドコモの吉澤和弘社長

 NTTドコモは2019年11月28日から、モバイル決済サービスの「d払い」アプリに、「ミニアプリ」機能を搭載する。ミニアプリとは、ドコモ以外の第三者のサービスを、d払いアプリ内で利用できるようにするというもの。第1弾となるのは、タクシー配車サービスの「JapanTaxi」。d払いアプリでタクシーを呼び、運賃はそのままd払いで支払える。その後、19年12月10日には自転車シェアリングの「ドコモ・バイクシェア」に対応。19年度内には牛丼チェーンの吉野家でのテークアウト事前予約や、ローソンが運営する生鮮食品の予約受け取り「ローソン フレッシュ ピック」も利用できるようになる。

 ドコモ側の狙いは、d払いへの誘導。例えばJapanTaxiは、車内に設置したタブレット端末を使った決済にd払いを導入済みだが、クレジットカード決済やアップルペイなどにも対応しており、d払いは選択肢の一つでしかない。しかしd払いアプリのミニアプリ機能なら、確実にd払いで支払ってもらえる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>