2019年3月に15周年を迎えたカプコンのゲームシリーズ「モンスターハンター」(モンハン)。18年発売の『モンスターハンター:ワールド』は全世界で1400万本を出荷するヒットとなった。プロデューサーの辻本良三氏に“モンハン”のブランディング施策などを聞いた。

カプコンの常務執行役員で、CS第二開発統括兼 MO 開発統括の辻本良三氏
カプコンの常務執行役員で、CS第二開発統括兼 MO 開発統括の辻本良三氏

 ユーザー同士が協力して巨大なモンスターを狩る「モンハン」シリーズ。クエスト達成の醍醐味やモンスターから得た素材で装備を充実させる面白さなどで、タイトルを重ねるごとにユーザーを獲得してきた。

 18年1月発売の『モンスターハンター:ワールド』は世界出荷1400万本(19年10月時点)というシリーズ最大のヒットを記録。19年9月には、その拡張コンテンツとなる『モンスターハンターワールド:アイスボーン』をリリースし、ますます勢いを増している。

 近年は食品やアパレル商品とのコラボをはじめ、シリーズの世界観をモチーフとした飲食店「モンハン酒場」や、結婚式場見学をクエストに見立てた「モンスターハンター×ブライダルフェア」、ゲーム中の楽曲をフルオーケストラが演奏するコンサート「狩猟音楽祭」など、他業種への展開も活発だ。

19年9月に発売した『モンスターハンター:ワールド』の拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』。既に世界で250万本を出荷した
19年9月に発売した『モンスターハンター:ワールド』の拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』。既に世界で250万本を出荷した

 15周年を迎える「モンスターハンター」の歩みと今後の展開について、シリーズのプロデューサーで、カプコンの常務執行役員 CS第二開発統括兼 MO 開発統括の辻本良三氏に聞いた。

04年当初からオンラインプレーを意識

まずは発売から現在の経緯を振り返っていただけますか。

辻本良三氏(以下、辻本氏) 第1作となった『モンスターハンター』は、04年3月にPlayStation 2(PS2)版のタイトルとしてリリースしました。「モンハン」シリーズは、当初から最大4人でのオンラインマルチプレーを実現していたのが一つの特徴ですね。

第1作となった『モンスターハンター』は2004年3月に発売
第1作となった『モンスターハンター』は2004年3月に発売

 今でこそユーザー同士がオンラインで一緒にプレーするのは当たり前ですが、当時はネットインフラもまだ整っておらず、重要性はさほど高くありませんでした。でも、PS2は「BBユニット」という外付け機器を使えばネットにつながりましたし、オンラインになるべく早く対応したかった。だから、ネット環境の普及前でも対応を決めたんです。

 翌05年には、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」(PSP)版の『モンスターハンターポータブル』をリリースします。これで通信を介してプレーする環境は飛躍的に整いました。

 『モンハンポータブル』が使うのはPSP同士を直接つなげるアドホック通信で、オンラインマルチプレーが一般化するのはもう少し後です。ただ、このPSPでの協力プレーが若い人を中心に受け、「モンハン」は一般に認知されるようになります。エンターテインメントの世界で若者のハートをつかむのは本当に難しいですが、うまく響いてくれました。

 これを受けてPSP版2作目『モンスターハンターポータブル 2nd』(07年2月発売)や3作目『同 2ndG』(08年3月発売)では、学生や女性を意識しました。少年漫画誌のようなタイトルロゴにしたり、PSPとゲームタイトルを同梱(どうこん)した製品に付属するグッズに男性向けのかっこいいデザインだけでなく、女性に喜ばれそうなかわいいデザインも用意したりしました。

『モンハンポータブル 2ndG』は中高生を中心に人気が爆発。その後の「モンハン」人気の基礎を作った
『モンハンポータブル 2ndG』は中高生を中心に人気が爆発。その後の「モンハン」人気の基礎を作った