2019年9月にぴあ総研が発表した「ライブ・エンタテインメント市場規模の調査結果」によると、18年の音楽ライブの市場規模は3875億円で前年比11.8%増となった。そのうちの約300億円を占めるのが、右肩上がりの成長を続けている音楽フェスだ。

1997年に山梨県の富士天神山スキー場で初開催された「フジロックフェスティバル」は、日本の音楽フェスの先駆けと言える存在。99年からは新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されているが、「フジロック」の名称は受け継がれている
1997年に山梨県の富士天神山スキー場で初開催された「フジロックフェスティバル」は、日本の音楽フェスの先駆けと言える存在。99年からは新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されているが、「フジロック」の名称は受け継がれている

子連れでも来場しやすく

 いまや“国民的娯楽”ともなった音楽フェス。その多くは8月に開催されるため、“夏フェス”とも呼ばれる。その代表とも言えるのが、野外音楽イベントとしては最大規模の「FUJI ROCK FESTIVAL(フジロックフェスティバル、以下フジロック)」だ。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル)」「SUMMER SONIC(サマーソニック)」「a-nation(エーネイション)」「ULTRA JAPAN(ウルトラジャパン)」などと共に多数の音楽ファンを集めるフジロック。過去10年間の平均来場者数は約12万人、2019年は前年の約12万5000人から5000人増の約13万人となった。

 フジロックのチケットは3日間の通し券が4万5000円、1日券が2万円と決して安くはない。このチケット代に加え、宿泊費、交通費、飲食代などもかかる。それだけの費用にもかかわらず、来場者が増え続ける理由はどこにあるのか、取材すると来場者の利便性を高める3つの仕掛けが見えてきた。

最大規模の「グリーンステージ」では、悪天候にもかかわらず立ち見が出た
最大規模の「グリーンステージ」では、悪天候にもかかわらず立ち見が出た

 1つ目は、フジロック開催20周年にあたる16年に導入されたキャッシュレス決済だ。運営会社のSMASH(スマッシュ)によれば、導入理由は「来場者の利便性向上のため」。利用率も年々増加しているという。フジロックには海外からの客も少なくないが、キャッシュレス決済はインバウンド客の利便性向上にも貢献している。 「海外からの客はほとんどがキャッシュレス決済。以前は欧米からの旅行者が多かったが、ここ数年はアジア系の旅行者が増えた」と、例年、会場でTシャツなどを販売している「SLOW TURTLE(スロータートル)」の店主・山口晴康氏は言う。「楽天Edy」や「nanaco」、「Suica」「WAON」「iD」や「QUICPay」など利用できるサービスも豊富。導入から3年でキャッシュレス決済を選択する購入者が半数以上となったという。

利用可能なプリペイド型の電子マネーは「楽天Edy」「nanaco」「Suica」「WAON」など。ポストペイ型の電子マネー「iD」「QUICPay」にも対応
利用可能なプリペイド型の電子マネーは「楽天Edy」「nanaco」「Suica」「WAON」など。ポストペイ型の電子マネー「iD」「QUICPay」にも対応