洗濯機購入の選択基準として「洗剤の自動投入機能」が重視されつつある。IoT化も最新のトレンドだ。日立グローバルライフソリューションズの最新ドラム式洗濯乾燥機は、そうしたニーズにハイテクで対応。スマートフォン連携も取り入れ、共働き世帯や使いやすさを求めるアクティブシニアを狙う。

高機能+高価格で洗濯機市場に挑む、日立グローバルライフソリューションズのドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラムBD-NX120E」。価格はオープンで、店頭予想価格は38万円前後(税別)
高機能+高価格で洗濯機市場に挑む、日立グローバルライフソリューションズのドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラムBD-NX120E」。価格はオープンで、店頭予想価格は38万円前後(税別)

スマホ連携やAIなどハイテクを投入

 日本では戦後の高度成長期に普及し、洗濯という重労働から人々を救う「神器」の一つにも数えられた電気洗濯機。最近は洗濯容量、洗浄力などの基本性能に次いで、洗濯機の“こんな機能”が購入時に重視するポイントになっているという。それは「液体洗剤、柔軟剤の自動投入」だ。

 日立グローバルライフソリューションズが2019年9月に実施した調査によると、ドラム式洗濯乾燥機の購入者の50%が、「液体洗剤、柔軟剤の自動投入」を重視すると答え、「操作のわかりやすさ」(48%)、「節水」(39%)などを抑えて購入時の重視ポイントの3位に浮上した。

 同社はそうした最新ニーズに応えつつ、進化させたドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラムBD-NX120E」を19年11月16日に発売する。ターゲットは時短や省手間、効率化を求める「共働き家族」と、体力の低下を実感し、より使いやすさを求めている「アクティブシニア」。どちらも現在、販売が伸びているユーザー層だという。スマートフォン連携や家庭内の無線LANとつながるコネクテッド機能を備え、AI(人工知能)を活用して賢く洗うなど、最新技術を惜しみなく投入したハイテク洗濯機だ。

 まずニーズの高い「液体洗剤、柔軟剤の自動投入」では、詰め替えタイプの液体洗剤や柔軟剤が丸々1本入る大容量のタンクなどハード面が充実。持ちやすく、投入経路を使うたびに水で洗い流してくれる手入れのしやすさなど、使いやすさにも配慮している。

洗剤や柔軟剤が丸々入る大容量のタンクはハンドルを付けて取り出しやすさにこだわった
洗剤や柔軟剤が丸々入る大容量のタンクはハンドルを付けて取り出しやすさにこだわった

 スマートフォン専用アプリで液体洗剤の銘柄やタイプを選んでおくと、洗濯物の量や希望する仕上がりなどに応じて適量を自動投入する機能も搭載。洗剤を量る手間を省き、洗濯機をうまく使いこなせない人でもベストな洗い上がりを実現できるという。

 発表会では洗剤の自動投入をさらに進化させた、「洗剤、柔軟剤自動再注文システム」も公開された。これはタンクに入れた液体洗剤や柔軟剤の残量が少なくなると、洗濯機がAmazonの「Amazon Dash Replenishment」を使って自動的に再注文してくれるという機能。“洗濯機のIoT化”で洗剤切れのうっかりを防止する。今後最終的な仕様を固め、19年12月にサービスを開始する予定だ。