徐々に裾野を広げるeスポーツ。大都市圏でゲームメーカー主導の大型イベントが開催される一方、地方では今、ゲームファンが立ち上げたeスポーツ大会が根付きつつある。代表格は富山県。自身もゲーマーである堺谷陽平氏らが立ち上げたイベントが地元企業や団体を巻きこんで存在感を見せている。

2019年9月に富山県高岡市の高岡テクノドームで開催された「ToyamaGamersDay 2019」。対戦会などのイベントで大いに盛り上がった。参加は無料
2019年9月に富山県高岡市の高岡テクノドームで開催された「ToyamaGamersDay 2019」。対戦会などのイベントで大いに盛り上がった。参加は無料

 2016年12月から定期的に開催されている「ToyamaGamersDay」(TGD)は、富山県eスポーツ連合が手掛けるゲームイベント。予算5万円で始まったイベントは年々拡大し、8回目となる2019年9月のTGD2019は、県内最大級のイベントホールである高岡テクノドーム(高岡市)をメイン会場に、新川文化ホール(魚津市)、クルン高岡地下街(高岡市)をサテライト会場にするまでに成長した。

TGD2019では、賞金制のeスポーツ大会や県内高校の対抗戦、高岡市長と魚津市長のゲーム決戦など、さまざまなゲームイベントが行われた
TGD2019では、賞金制のeスポーツ大会や県内高校の対抗戦、高岡市長と魚津市長のゲーム決戦など、さまざまなゲームイベントが行われた

 会場の規模もさることながら、協賛企業の顔ぶれにも目を見張る。住宅リフォーム業のケンケン、コンテナの店舗を並べた飲食スペース「あまよっと横丁」(CANTEEN STATION)、北陸コカ・コーラボトリング、北陸銀行といった地元にゆかりのある企業のほか、ゲーミングPCブランドの「GALLERIA」(サードウェーブ)、アイ・オー・データ機器などのゲーム周辺機器メーカー、さらにはNTTドコモまで、26の企業・ブランドが並ぶ。

 富山県eスポーツ連合を主導する堺谷陽平氏によれば、規模拡大の契機になったのは18年9月の第6回だ。100人に満たなかった参加者数が一気に250人を突破。共催として地元の富山テレビ放送が名乗りを挙げた。地方企業がeスポーツイベントに乗り出すのはまだ珍しく、「TGDにとっても富山テレビにとっても初めて尽くし」だったという。だが、「イベント運営に手慣れたテレビ局事業部の協力を得たことで、イベントとしての体裁が整いました」と堺谷氏。同年12月開催の第7回では、参加者も約720人に増えた。

 良好な関係は現在も続いており、TGD2019の実行委員会は、富山県eスポーツ連合、富山県、富山テレビ放送で構成する。共催には高岡市と魚津市、後援には両市の商工会議所や観光協会、総務省北陸総合通信局などが名を連ねた。「若い世代の流出が激しい地方では、若い人が楽しめる場があることが価値。そう評価している企業や団体が協力してくれます」(堺谷氏)。

地元のゲームコミュニティーが活動の要

 地方初のeスポーツイベントの先進例と言われるTGDだが、「こうしたイベントを開催するうえで非常に重要なのは、地元に根差したゲーム関連コミュニティー」と堺谷氏は語る。同氏によると、富山県には20~30人のゲーム関連コミュニティーがいくつもあり、それぞれが小規模なイベントを開催したり交流したりしてきた。「これらのコミュニティーを核に僕たちは活動してきた」(堺谷氏)という。

富山eスポーツ連合代表の堺谷陽平氏。自身も「PUSHMAN」という名で活躍するゲーマー。e-Sports日本選手権2011『Call of Duty:Black Ops』部門3位などの成績を残している
富山eスポーツ連合代表の堺谷陽平氏。自身も「PUSHMAN」という名で活躍するゲーマー。e-Sports日本選手権2011『Call of Duty:Black Ops』部門3位などの成績を残している

 そもそも富山県eスポーツ連合自体、堺谷氏を中心としたゲームコミュニティーがベースだ。一時、大阪や東京でIT関連の仕事をしていた同氏は、富山に戻った後、竹林を整備し竹炭を作るNPOの活動をボランティアとして手伝っていた。その時、縁あって知り合った人から高岡駅近くにある雑居ビルの一室を格安で借りたのがきっかけなのだ。

 ホストクラブだったその部屋を借り、内装はそのまま、これまた格安で買った50インチテレビを持ち込んで、堺谷氏は「JOYN(ジョイン)」という店を始める。16年1月のことだ。週末の3日間だけ店を開け、仲間を集めてゲーム大会を開いた。「ゲーム機やPCをそろえるお金はなかったから、『Shadowverse(シャドウバース)』(Cygames)と『ハースストーン』(米ブリザード・エンターテイメント)などのスマホゲームから始めました。これらのゲームは、IPホルダーが小規模の大会をサポートするシステムを用意しているので、やりやすかったですね。ゲーム大会といっても最初は2~3人しか来ない状態で、そこから試行錯誤を重ねていきました」(堺谷氏)。

「JOYN」でのゲーム大会の様子。口コミで人が集まったが、初期は「20名も来れば多いほうだった」という
「JOYN」でのゲーム大会の様子。口コミで人が集まったが、初期は「20名も来れば多いほうだった」という

 16年10月に開催された『シャドウバース』の大会では参加者が急増し、会場を高岡駅構内の地下通路の一角に移す。時期を前後して、日本eスポーツ協会(JeSPA)の支部となる富山e県スポーツ協会を設立。後に同協会が日本eスポーツ連合に合流・解散したのに伴い、現在の富山県eスポーツ連合となった。

 その過程でも、ゲームコミュニティーを通じて知り合った仲間が力を貸した。「TGDは今でこそ自治体やテレビ局の協力を得られているけれど、初期の予算はたった5万円。1日数千円で公民館などを借り、知り合いから借りたり参加者に持ち込んでもらったりして機材をそろえたんです」(堺谷氏)。TGDは、地元のコミュニティーと共に作り上げてきたイベントなのだ。

高岡駅構内の地下通路の一角を借りて開いた『シャドウバース』のゲーム大会
高岡駅構内の地下通路の一角を借りて開いた『シャドウバース』のゲーム大会
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>