2019年9月28日から10月8日まで、茨城県で開催された第74回国民体育大会(以下、茨城国体)。その文化プログラムの目玉に「全国都道府県対抗 eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」が採用された。地方自治体によるeスポーツの全国大会は初のこと。eスポーツは今、地方創生の一助として期待されている。

茨城国体の文化プログラムとして、2019年10月5、6日の2日間で「全国都道府県対抗 eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」が開催された(写真/平野亜矢)
茨城国体の文化プログラムとして、2019年10月5、6日の2日間で「全国都道府県対抗 eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」が開催された(写真/平野亜矢)

 文化プログラムとは国民体育大会(国体)の行事の1つで、文化・芸術面からスポーツや地域の魅力を発信しようというものだ。「全国都道府県対抗 eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」(以下、全国eスポーツ選手権)以外にも、展覧会やマラソン大会、花火大会、音楽フェスティバルなどのさまざまな行事が、茨城県内各所で年末まで行われる。全国eスポーツ選手権はその中でも目玉扱いだ。

 開催のきっかけについて、茨城県国体・障害者スポーツ大会局 総務企画課 広報グループの大瀧智之係長は「文化プログラムは、展覧会など美術・芸術関連をメーンに据えることが多い。だが、それとは別に、茨城県を盛り上げられるようなもっと面白いことはないものかと探していた」と語る。

 背景にあるのは「県の魅力が乏しい」という茨城県の深い悩みだ。

 「都道府県には何かしらの目玉があるものだが、茨城県はそこが弱い。“都道府県魅力度ランキング”などでは最下位争いの常連で、魅力に乏しいと言われてしまう。そこで着目したのがeスポーツ。茨城県にはつくば市という先端技術のイメージを持つ学術都市があり、東京・秋葉原と直結した鉄道路線もある。都心からのアクセスも悪くない。eスポーツとの親和性が高いのではないかと考えた」(大瀧氏)

 当初は数ある文化プログラムの1つという扱いだったが、大手IT企業に勤めた経歴を持つ大井川和彦県知事の強力な後押しもあって、目玉事業に昇格。全国規模の大会に取り組むことになった。

 19年3月からは『eFootball ウイニングイレブン 2020(ウイイレ2020)』『グランツーリスモSPORT』『ぷよぷよeスポーツ』の3タイトルの予選を全国で開催。一般の部と少年の部を勝ち上がってきた各県の代表選手が、10月5日、6日の2日間、頂点を目指して競い合った。

eスポーツで茨城県と国体をアピール

 実は、国体の文化プログラムにeスポーツが採用されるのは、これが初めてではない。17年の愛媛県、翌18年の福井県でもeスポーツ大会は行われている。しかしいずれも企業主導で、県内で参加者を募って開催した小規模なものだった。今回話題を集めているのは、地方自治体主導による全国大会の開催が初めての試みだからだ。

 「開催を検討していた当初はゲームの大会が競技として成り立つのかを疑問視する声もあった」と大瀧氏は振り返る。だが愛媛県での様子を見て「相互にコミュニケーションを取り、チームワークを発揮して競い合うなど、従来のスポーツ同様、競技としての要素を十分に備えている」と感じ、これならできると確信したという。

 タイミングも良かった。世界的なeスポーツの盛り上がりが日本に波及し、18年2月には日本eスポーツ連合(JeSU)が発足した直後だ。JeSUに開催の相談をもちかけたところ、競技に使うゲームの選択や開催ノウハウの提供といったサポートを受けられることになり、18年5月の開催発表に至った。

2018年9月にJFAハウス(東京都文京区)にて行われた共同記者発表会。JeSU会長の岡村秀樹氏(左)、茨城県知事の大井川和彦氏(中央)、日本サッカー協会会長の田嶋幸三氏(右)
2018年9月にJFAハウス(東京都文京区)にて行われた共同記者発表会。JeSU会長の岡村秀樹氏(左)、茨城県知事の大井川和彦氏(中央)、日本サッカー協会会長の田嶋幸三氏(右)

 大瀧氏は、「eスポーツがこれから盛り上がっていくタイミングで発表できたことは幸運。20年の東京オリンピック・パラリンピックに先んじて開催することで、茨城をアピールできる」と見る。

 実際、国体に付随する形でeスポーツ大会が開催されることのインパクトは大きく、その効果は国体、さらには茨城県全体に及んでいる。「国体は毎年開催されるが、地元以外で大きく報道されることは少ない。だが、eスポーツの全国大会をすることで注目され、マスコミからの取材が大幅に増えた。eスポーツが茨城県や国体そのものの認知向上に役立った」(大瀧氏)というのだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>