米インテルの日本法人は賞金総額50万ドル(約5400万円)のeスポーツ大会を2020年7月に開催すると発表した。そこで同社社長の鈴木国正氏と、大会公式タイトル「ストリートファイターV」を販売するカプコン社長の辻本春弘氏にインタビューを実施。その狙いを2回に分けてお届けする。

eスポーツイベント「Intel World Open」を開催する米インテル日本法人社長の鈴木国正氏(写真右)と、大会の公式タイトルに選ばれたストリートファイターV」を販売するカプコン社長の辻本春弘氏(同左)
eスポーツイベント「Intel World Open」を開催する米インテル日本法人社長の鈴木国正氏(写真右)と、大会の公式タイトルに選ばれたストリートファイターV」を販売するカプコン社長の辻本春弘氏(同左)

海外では10年以上eスポーツと関わってきたインテル

――2019年9月11日に新たなeスポーツイベント「Intel World Open」の東京開催を発表されましたが、インテルとカプコンが手を組んで大会を手掛けるのには驚きました(関連記事:「賞金総額25万ドル!『ストリートファイターV』大会を発表【TGS2019】」)。そもそもお二人は旧知の仲だそうですね。

辻本春弘社長(以下辻本) 鈴木社長は以前、旧ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)にいらっしゃいまして、PlayStation(PS)を担当されていました。PS4を発売するタイミングで、カプコンへあいさつに来てくださったのが最初の出会いです。

鈴木国正社長(以下鈴木) PS4ではネットワークサービスを充実させたかったので、辻本社長に相談というか話をしに行きました。その後しばらく疎遠だったのですが、私がソニー・ピクチャーズ エンタテインメントに移ったとき、米国のゲーム見本市「E3」のカクテルパーティーで久々にお会いました。要所において顔を合わせている印象があります。

辻本 そうした経緯やご縁があったから、今回のIntel World Openに至った感じがします。

――日本のeスポーツファンから見ると、インテルが日本でeスポーツイベントを開催するのを意外に思う人もいるでしょう。

鈴木 日本では知らない人も多いと思いますが、インテルは海外で以前からeスポーツイベントに力を入れて取り組んでいます。「Intel Extreme Masters」という大会は、それこそ10年以上の歴史があります。そこで日本の状況を考えたところ、ちょうどeスポーツブームが起こり、一般の人々の認知度も格段にアップしていました。時期的には申し分ないと思い、新たな大会の開催を決めました。

 日本でeスポーツイベントを開催するなら、日本の強いコンテンツを使いたい。そこで白羽の矢を立てたのが、カプコンの「ストリートファイター」です。辻本社長とも知らない仲ではないとなると、もうやるしかないじゃないですか(笑)

 日本はコンシューマー市場におけるゲーミングPCの割合が、世界と比較してかなり少ない。つまりこれから大きく伸びる可能性がある。インテルとしてPCをどうするか考えたとき、eスポーツが起爆剤になるだろうと。Intel World Openはゲームを楽しんでいる人たちが、PCに着目するきっかけになってほしいですね。

「日本の強いコンテンツを使いたい」とインテルの鈴木社長。実はインテルとeスポーツの関係は深い
「日本の強いコンテンツを使いたい」とインテルの鈴木社長。実はインテルとeスポーツの関係は深い