小田急電鉄は、2019年10月末からMaaSアプリ「EMot(エモット)」を提供し、新百合ヶ丘駅周辺エリア、箱根エリアを舞台に実証実験を始める。経路検索や周遊デジタルパスの発行といった“本流”の機能に加え、1日1回指定メニューを注文できる「飲食サブスク」の仕組みも取り込む。その中身は?

小田急電鉄のMaaSアプリがいよいよ始動
小田急電鉄のMaaSアプリがいよいよ始動

 小田急がリリースするMaaSアプリ「EMot(エモット)」の名称は、Mobility with Emotionに由来する。小田急電鉄の星野晃司社長は、「多くのパートナーとの連携を目指すため、あえてアプリ名に小田急の名前を冠さず、ロゴも小田急カラー(ブルー)ではないイエローにした」と、10月7日に行われた発表会見で話した。

会見に登壇した星野晃司社長(写真右から2人目)
会見に登壇した星野晃司社長(写真右から2人目)

 エモットの主な機能は、複合経路検索と電子チケット発行の2つ。まず、前者の複合経路検索については、ヴァル研究所が開発した「mixway(ミクスウェイ)」がベース。鉄道や路線バスに加えて、航空便やタクシー、シェアサイクルなど複数の移動手段を組み合わせた経路を、「早い」「安い」「らくらく(乗り換え回数が少ない)」といった3つのタブで表示する。

 当初からタクシー配車アプリの「JapanTaxi」(ジャパンタクシー)、「MOV」(DeNA)と連携し、「らくらく」の検索結果にタクシーを含むルートが提示される。それぞれのアイコンをタップすると、ジャパンタクシーやMOVのアプリに遷移し、そこから予約・決済が可能だ。また、パーク24が展開するカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」は、目的地として設定した小田急の駅周辺に車両ステーションがある場合、検索結果の最後にカーシェアの利用案内が表示される。シェアサイクルに関してはドコモ・バイクシェアとの連携を予定しており、こちらは順次実装される計画という。なお、特急ロマンスカーも経路検索結果に表示されるが、こちらの予約・決済は専用サイトの「e-Romancecar」に遷移して行う。

買い物で往復バスが無料に!

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>