お茶をミルクやフルーツジュースで割る「クリエイティ」は、独自のトレーニングを受けたティーバーテンダーがボストンシェーカーを使ってシェイクする
お茶をミルクやフルーツジュースで割る「クリエイティ」は、独自のトレーニングを受けたティーバーテンダーがボストンシェーカーを使ってシェイクする

表参道に初上陸 TSUTAYA社長もはまった抽出台湾茶の実力

2019年10月09日
  • COMEBUYTEA表参道店へは、東京メトロ表参道駅から徒歩3分。原二本通りに面した路面店は、テークアウト需要も意識し、ウッドデッキに緑を配した入りやすい雰囲気
  • 長沂國際實業股份公司総経理の陳昆池氏(写真中央)、TSUTAYA社長兼COOの中西一雄氏(同右)、TSUTAYA開発営業カンパニー・カンパニー長の安田秀敏氏(同左)
  • 注文ごとに1杯ずつ、ティーグラインダーで茶葉を粉砕し、高温高圧テクノロジーを搭載したティープレッソマシンで抽出したお茶を提供する
  • 台湾と欧州のチームで3年をかけて開発したオリジナルのティープレッソマシン。国際特許発明認証を取得済み
  • 茶葉に合わせた圧力と温度でわずか60秒でお茶を抽出する。工夫茶でお茶をいれると5分はかかるという
  • 茶葉は、茶農家と直接契約し、厳選した良質の茶葉のみを使用。ティーマスターが世界中から最適な品質と品種を厳選する
  • お茶をミルクやフルーツジュースで割る「クリエイティ」は、独自のトレーニングを受けたティーバーテンダーがボストンシェーカーを使ってシェイクする
  • カスタマイズが面倒な場合は、人気のトップ5がおすすめ。筆者のおすすめは、ナタデココをトッピングした「パイナップルジャスミングリーンティー」640円(税別)。台湾産のパイナップルジュース(600円)も絶品
  • 人気ナンバーワンの「エバミルクローステッドウーロンティー」には、タロイモボールをトッピング。630円(税別)
  • 店内には「そら植物園」代表でプラントハンターとして活躍する西畠清順氏がプロデュースした植栽が並び、ゆったりくつろげる空間となっている。ソファ席や電源を完備したカウンター席など約50席を用意