2019年に一大ブームを巻き起こし勢いが続くタピオカミルクティーをはじめ、話題のチーズティーなど台湾発祥のティー専門店が人気を集めている。19年9月21日には、世界6カ国で13店舗を展開する台湾茶ブランド「COMEBUYTEA(カムバイティー)」の日本1号店が東京・表参道にオープンした。

COMEBUYTEA表参道店へは、東京メトロ表参道駅から徒歩3分。原二本通りに面した路面店は、テークアウト需要も意識し、ウッドデッキに緑を配した入りやすい雰囲気
COMEBUYTEA表参道店へは、東京メトロ表参道駅から徒歩3分。原二本通りに面した路面店は、テークアウト需要も意識し、ウッドデッキに緑を配した入りやすい雰囲気

タピオカでもスタバでもない第三のドリンク?

 カムバイティーの日本での独占ライセンス契約を結んだのはTSUTAYA。今回の「COMEBUYTEA表参道店」を皮切りに、同社は今後5年間で100店舗の出店を目指しており、台湾茶ブームにますます拍車がかかりそうだ。そこでカムバイティーとはどんなブランドなのか、運営する長沂國際實業股份公司やTSUTAYAの関係者に話を聞いた。

 カムバイティーを展開する長沂國際實業股份公司は、2002年に「カムバイ」の1店舗目を台北にオープン。街中で気軽においしい台湾茶を楽しめるブランドとして人気を集め、店舗はアジア、欧米など9カ国、291店舗に広がっている。そのワンランク上の上質な台湾茶ブランドとして16年、台湾に1号店をオープンしたのがカムバイティーだ。現在、台湾の3店舗のほか、香港、ドイツ、オーストラリア、米国に出店している。

 初のカフェ運営に乗り出したTSUTAYA社長兼COO(最高執行責任者)の中西一雄氏は、「台湾に何度か通っているうちに私自身もファンになった。日本にはない味で、はやりのタピオカミルクティーでもスターバックス的カフェでもない。サードプレイスとして価値があると思った」とその魅力を語る。台北に5年間駐在した同社開発営業カンパニー・カンパニー長の安田秀敏氏も「住まいの近くに店があり、ライフスタイルの一部になっていた」と振り返る。

長沂國際實業股份公司総経理の陳昆池氏(写真中央)、TSUTAYA社長兼COOの中西一雄氏(同右)、TSUTAYA開発営業カンパニー・カンパニー長の安田秀敏氏(同左)
長沂國際實業股份公司総経理の陳昆池氏(写真中央)、TSUTAYA社長兼COOの中西一雄氏(同右)、TSUTAYA開発営業カンパニー・カンパニー長の安田秀敏氏(同左)

 TSUTAYAは17年1月に台湾へ進出し、台北市内にBOOK&CAFEの1号店をオープン。19年12月には5店舗目を出店するなど台湾での展開を拡大している。書店を核に生活提案に取り組む同社にとって、場の価値を高めるための強力なブランドとして白羽の矢を立てたのがカムバイティーなのだ。

 特徴は自社開発したマシンで1杯ずつ抽出したお茶を、台湾産のフレッシュジュースなどとブレンドしたオリジナルドリンクを味わえること。さらにトッピングも追加すると、組み合わせは300種類以上に及ぶ。「個性を出したい若者にとって、カムバイティーは自分好みのカスタマイズができるので人気がある」と長沂國際實業股份公司総経理の陳昆池氏は話す。

 日本ではトレンドに敏感な30~40代の女性に照準を合わせ、1号店の立地として情報発信地である東京・表参道を選んだ。知名度を上げながら、今後はTSUTAYAとの複合店や「カムバイ」のドリンクスタンドなどを展開し、全国主要都市に出店していく計画だ。

注文ごとに1杯ずつ、ティーグラインダーで茶葉を粉砕し、高温高圧テクノロジーを搭載したティープレッソマシンで抽出したお茶を提供する
注文ごとに1杯ずつ、ティーグラインダーで茶葉を粉砕し、高温高圧テクノロジーを搭載したティープレッソマシンで抽出したお茶を提供する