盛り上がりを見せている高級食パンブーム。街を歩くと店の前に焼き上がりを待つ客の列を見かけることも多くなった。注目を集める高級食パン市場で、後発ながら店舗数を増やしている「銀座に志かわ」。同店の店舗戦略を分析し、急成長の秘密を探る。

焼きたてを購入しようと「銀座に志かわ銀座店」の前に客が列を作る
焼きたてを購入しようと「銀座に志かわ銀座店」の前に客が列を作る

 銀座仁志川(東京・中央)は、高級食パン店「銀座に志かわ」の1号店を2018年9月13日に銀座にオープン。それから約1年後の19年9月末までに24店を展開、10月にはさらに恵比寿店(東京)や宝塚店(兵庫)など6店を追加する。店舗網は、すでに関西や東海、東北から九州・沖縄まで全国規模に広がっている。

 ここ数年急拡大する高級食パン市場をリードしてきたのが、「乃が美」を運営する乃が美ホールディングス(大阪市)と「一本堂」を運営するIFC(東京・新宿)の2社だ。乃が美は2013年10月2日、一本堂は同年3月15日に大阪で創業した。高級食パンブームの波に乗り、19年9月末までに、乃が美は141店、一本堂は123店に拡大した。銀座仁志川は、これら先行企業を猛追している格好だ。

 高級食パンの価格は、1斤300~400円程度。スーパーなどで売られている一般の食パンの価格は1斤100円前後。これだけの価格差があるのに、高級食パンが売れるのはなぜか。各社とも素材や焼き方にこだわり、従来の食パンを上回る味や柔らかさを実現。これを店内の工房で焼き上げて出来たてを提供する。こうした食パンが、手ごろな価格で普段よりもぜいたくな気分を味わえる商品として多くの消費者の支持を得ているからだ。「自分へのご褒美や手土産のニーズを開拓した」と銀座仁志川の技術担当役員、山本厚氏は胸を張る。

に志かわでは、各店舗に工房を設置。客に焼きたてを提供する
に志かわでは、各店舗に工房を設置。客に焼きたてを提供する

 に志かわの食パンは、仕込みにアルカリイオン水を使用している点に特徴がある。アルカリイオン水は、通常の天然水よりもpH値が高く、これまでパンの製造には不向きと言われていた。しかし、同店では、独自のアルカリイオン水を使用することで耳まで柔らかくて口溶けがよく、ほんのりとした甘みのある食パンに仕上げた。価格は1個(2斤分)800円(税抜き)。商品はこの1つだけで、サイズも1種類に限定している。

に志かわの食パンは、耳まで柔らかい
に志かわの食パンは、耳まで柔らかい