同じ方向に行く複数の乗客をマッチングし、最適なルートで複数の目的地まで送るオンデマンドの乗り合いサービス。この分野で世界のトップランナーと言えるのが、米ヴィア・トランスポーテーションだ。ヴィアがもたらす移動サービス革命の効果とは。

ヴィアは7~8人乗りの小型バンなどを活用し、世界で乗り合いサービスを展開する
ヴィアは7~8人乗りの小型バンなどを活用し、世界で乗り合いサービスを展開する

 ヴィアは2013年にニューヨークを皮切りにサービスを始めた。現在は世界80以上の拠点で展開されており、1カ月当たり200万回以上のライド実績を誇る。日本では、19年4月に森ビルと伊藤忠商事の出資を受け、日本法人が本格的に始動。18年8月から19年7月に行った森ビルの社員を対象としたオンデマンド乗り合いサービスの実証実験に続き、10月からは伊藤忠の東京本社に勤務する社員を対象とした実証実験を始める。そして、鉄道やバス、タクシーといった国内の公共交通事業者、自治体などに向け、オンデマンド乗り合いサービスの導入を促していく計画だ。

 日本での展開を本格化させようとしているヴィアのシステムはどんな優位性があるのか。また、公共交通や自治体、そして利用者にどのようなメリットをもたらすのか。9月に来日したダニエル・ラモットCEOに話を聞いた。

ヴィアのサービス展開エリア
ヴィアのサービス展開エリア

まず、改めてヴィアがオンデマンドの乗り合いサービスを展開している狙いは何か。

ダニエル・ラモットCEO(以下、ラモット氏) 世界では、交通や輸送手段のサービスモデルがモバイル技術の進展で急速に変わってきている。例えば、従来のレンタカーに対しては、米ゲットアラウンドのようにアプリを通じてクルマを個人間でシェアする仕組みが普及している。また、タクシーに対しては、米ウーバー・テクノロジーズや米リフトが自家用車を使ったドライバーとのマッチングを行うライドヘイリングサービスを展開している。

 その一方で、路線バスや鉄道といった公共交通の分野はどれほど革新が進んでいるだろうか。あらゆる人が活用する巨大インフラであるのに、ヘルスケアやIT関係と比べて圧倒的に投資が少なく、依然として効率性は高くない。この分野でヴィアが提供するオンデマンドの乗り合いサービスのテクノロジーを生かせば、公共交通網の利便性や効率性を劇的に向上させて都市の課題解決や人々の生活に役立てられる。それが狙いであり、ビジネスチャンスだ。

ダニエル・ラモットCEO。9月に自動車新聞社「LIGARE」主催のセミナーで講演を行った
ダニエル・ラモットCEO。9月に自動車新聞社「LIGARE」主催のセミナーで講演を行った

具体的に、ヴィアの優位性はどこにあるのか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>