ライブ配信に出演する男性タレントにリアルタイムで指示を出し、その行動をスマホで観察する――。こんな斬新なライブ配信企画が進行中だ。舞台は、2019年10月2日にリリースされたイベント参加型ライブ配信アプリ「LIVEPARK(ライブパーク)」。既存のライブ配信サービスとの違いとは?

イベント参加型アプリ「LIVEPARK」はiOS、Androidに対応
イベント参加型アプリ「LIVEPARK」はiOS、Androidに対応

 「テレビ放送の創成期の視聴形態は、街頭に置かれた1台のテレビを皆で見る『パブリックビューイング』だった。その一体感、瞬間を共有する楽しさを現代のスマートフォン、その先にあるVRグラスなどの次世代デバイスでも再現していきたい」

 そう語るのは、イベント参加型ライブ配信アプリの「LIVEPARK(ライブパーク)」を提供するLivePark(東京・港)の安藤聖泰社長だ。同社は、日本テレビ放送網などが出資し、安藤氏が社長を務めていたHAROiDが2019年8月1日に分社化し、設立された企業。テレビ番組と連動したCMや対話型コンテンツを提供してきたHAROiDのノウハウを生かし、5G時代の新たなエンターテインメント体験の提供を目指す。

 メンバーには、ニフティで日本初の本格的な商用ブログサービス「ココログ」を企画し、その後、ガジェットメディア「ギズモード・ジャパン」や動画メディア「bouncy」で初代編集長を歴任してきた清田いちる氏も参画する。「『17 Live(イチナナライブ)』や『SHOWROOM(ショールーム)』といった既存のライブ配信アプリはCGM的だが、ライブパークはテレビ制作のプロなどが企画したコンテンツであることが大きな違い。Netflixなどの動画配信サービスをスマホでいつでもどこでも視聴できる時代に、あえてネット上で、決められた時間でしか味わえない特別な体験をつくっていきたい」と、清田氏は意気込む。

VR時代をにらんだ“触れる”映像づくり

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>