バタフライボード(横浜市)は2019年9月12日、「ノーツ・バイ・バタフライボード」と呼ぶ「バタフライボード」シリーズの新製品を開発し、 クラウドファンディングの「Makuake」で12月13日まで先行販売すると発表した。新しい文具として注目を集めそうだ。

「ノーツ・バイ・バタフライボード」(左)はホワイトボードや紙のシステム手帳の利点を備える新しい文具。中は付属のカバー部分、右は付属のフリクションボールペン
「ノーツ・バイ・バタフライボード」(左)はホワイトボードや紙のシステム手帳の利点を備える新しい文具。中は付属のカバー部分、右は付属のフリクションボールペン
[画像のクリックで拡大表示]

 外観はシステム手帳のように見えるが、中身は小型のホワイトボードだ。各ボードの端には磁石が埋め込んであり、磁石でリフィルのようにつながっている。1枚ずつ分離して使うことも可能で、壁に貼り付けることもできる。個人でメモ代わりに使える他、グループ内のディスカッションなどにも重宝しそうだ。

 同社は磁石を使ってホワイトボードを接続する「スナップ・バインディング・テクノロジー」と呼ぶ特許技術を開発。既にA5~A3判サイズを製品化している。いずれもホワイトボードを同技術で接続したり、壁に磁石で貼り付けたりできる。広く書けるようになるため、いつでもどこでも議論できる、超軽量の携帯型のホワイトボードとして発売。18年度のグッドデザイン賞を受賞するなど、話題を呼んでいた。

 今回は同テクノロジーをさらに高め、システム手帳サイズの小型版として展開した。0.5ミリメートルと薄い磁石を開発。耐久性も上げた。また、ホワイトボード部分を新たに工夫し、フリクションボールペンで書いた文字を水ですぐに消せるようにした。合成樹脂と天然鉱物を主原料とした「シンセティックペーパー」を活用。微細な穴を持つ異なる材料を3層構造にして、インクの定着率を最適化することで、筆記性と消去性を高めた。

 6枚のボードを内蔵でき、価格は5500円から(税込み)。本体サイズは170×85×6ミリメートルで、外観はグレーとアイボリーがある。付属のケースはブラックとホワイトを用意し、さまざまな文具も一緒に持ち歩ける。今回の製品も同シリーズとしてヒットしそうだ。

マグネットを活用した独自技術で、ページの「ホワイトボード」を簡単に接続したり分離したりできる
マグネットを活用した独自技術で、ページの「ホワイトボード」を簡単に接続したり分離したりできる
[画像のクリックで拡大表示]
フリクションボールペンは0.4ミリメートルのものをセットにしており、細かい字が書ける
フリクションボールペンは0.4ミリメートルのものをセットにしており、細かい字が書ける
[画像のクリックで拡大表示]
水に流せば、書いた内容をすぐに消せて、何度でも使える。ウエットティッシュでも簡単に消せる
水に流せば、書いた内容をすぐに消せて、何度でも使える。ウエットティッシュでも簡単に消せる
[画像のクリックで拡大表示]
スチールの壁に付箋紙のように貼り付けることもできる。この他、スマートフォンと連動し、書いた内容をデジタルで簡単に保存できる
スチールの壁に付箋紙のように貼り付けることもできる。この他、スマートフォンと連動し、書いた内容をデジタルで簡単に保存できる
[画像のクリックで拡大表示]

(写真提供/バタフライボード)