ジャパンポップカルチャーを集積した9階フロアの中でも圧倒的な集客を誇る「ポケモンセンターオーサカ DX & ポケモンカフェ」。ビリケンさんやパインアメ、マジックインキ、泉州タオルなど、大阪の企業とコラボした限定グッズが人気
ジャパンポップカルチャーを集積した9階フロアの中でも圧倒的な集客を誇る「ポケモンセンターオーサカ DX & ポケモンカフェ」。ビリケンさんやパインアメ、マジックインキ、泉州タオルなど、大阪の企業とコラボした限定グッズが人気

ポケモンも海洋堂も取り込む大丸心斎橋店 百貨店の復活なるか

2019年09月30日
  • ラグジュアリーブランドが集積する心斎橋で約300年の歴史を誇る「大丸心斎橋店」。ヴォーリズ建築を代表する旧本館の外壁は最新技術で保存、再利用され、セットバックした高層部には古い外壁と調和するデザインが取り入れられた
  • オープン初日には、限定のポケモングッズを手に入れようと早朝からファンが殺到。午後1時の開店前には約5000人の行列ができた。入場制限が行われ、最長で2時間待ちという人も
  • ジャパンポップカルチャーを集積した9階フロアの中でも圧倒的な集客を誇る「ポケモンセンターオーサカ DX & ポケモンカフェ」。ビリケンさんやパインアメ、マジックインキ、泉州タオルなど、大阪の企業とコラボした限定グッズが人気
  • 9階の「タリーズコーヒー KAIYODO」はフィギュア制作メーカー、海洋堂との初のコラボ店舗。日本文化を海洋堂の視点で立体化したフィギュアがずらり。3Dプリンターによる制作過程も見られる
  • アールデコの華やかさを駆使した名建築の約6割が保存、復元され、大阪人が慣れ親しんできた姿が見事によみがえった。写真は1階化粧品売り場
  • 大理石の象眼やドーム形の天井が特徴的な1階エレベーターホール。部材を再利用し、あえて補修した跡が分かるように復元。地震時には揺れが吸収されるよう工夫されている
  • 7階「心斎橋ひとときテラス」にはバルニバービの新業態「トゥッフェ テラス イート」と、フジオフードシステムが展開する「デリス タルト&カフェ」が出店。開放感のあるテラス席から水晶塔を間近に見られる
  • 地下2階の心斎橋フードホールは地下鉄の駅直結で夜11時まで営業。パリに本店があるトリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ」では、人気のギフトボックスも販売
  • 不二製油が展開する初の総菜専門店「アップグレード プラントベースドキッチン」。ミラノ博覧会に出品し、好評を博した豆乳のチーズや大豆ミートを使った創作デリを味わえる
  • 利用者のスマホを使って12言語の注文と支払いができ、“注文0分”“会計0分”を実現した事前オーダーシステム「プットメニュー」を導入。スマホが呼び出しベルの代わりになるので、席で注文、決済して料理ができるのを待つだけ
  • スパイスの知識や技術を駆使したこだわりのカレーとスパイス料理を提供するハウス食品の新業態「クワエル スパイス」。3種のミックススパイスで味の変化を楽しめるオリジナルのビーフカレーがお薦め